1. トップ
  2. レシピ
  3. 旬野菜を選んで、買って、料理して。週末ファーマーズマッケット中毒。(Shizue Hamano)

旬野菜を選んで、買って、料理して。週末ファーマーズマッケット中毒。(Shizue Hamano)

  • 2015.6.9
  • 2788 views

【さらに写真を見る】旬野菜を選んで、買って、料理して。週末ファーマーズマッケット中毒。(Shizue Hamano)

野菜は、最も栄養が詰まっている旬のものを食べるのが良いとされていますが、スーパーで買い物をしていると四季を問わず豊富に野菜が並んでいるので、旬の時期という感覚が薄くなってしまいがち。最近では各所で行われている週末のファーマーズマーケットに足を運べば、その旬が一目瞭然。ベビーコーンはさっと火を通して塩を、パプリカは生でも!旬野菜のおすすめの食べ方も教えてくれるので、毎週末、マルシェバッグを片手に出かけたくなります。ある週末の、マーケットお買い物から料理になるまでの野菜日記をお届け。

マーケットに並ぶ旬野菜を見て、メニューを吟味。

週末の国連大学前のファーマーズマーケット。ここへ通うきっかけとなったのは、ケール。千切りにして炒めて塩とレモンで味付けすると美味なのですが、スーパーであまり見かけず、国連大学前のマーケットで売っていると聞いて初めて足を運びました。行く度にその時の旬の野菜や果物があるので、だんだんとメニューありきではなく、ここで売っている旬のもので揃えるように。この日は、朝収穫したという皮付きベビーコーン(ひげ?も食べられます)やフリットにすると美味しい花ズッキーニ、パプリカなどが多く並んでいました。

買った旬野菜は、シンプルに丁寧に調理。

この日、定例で買っているケール以外に購入したのは、ともに旬野菜のベビーコーンと、パプリカ3色。パプリカは生でも食べられる鮮度だそうですが、網焼きで焦がして一皮むかせると、甘みが倍増。ベビーコーンは皮を何枚かむいてよく洗って。ファーマーズマーケットの野菜は形も色も個性的でキッチンでの下ごしらえも楽しい時間です。

野菜のサイドメニュー完成!

野菜でカラフルなサイドメニューを。オリーブオイルをふってオーブンで軽く焼いたベビーコーンは皮を開いて塩胡椒でシンプルに。焦がしてむいたパプリカは、オリーブオイルとニンニク、ケイパーと塩にまぶしせば、立派な一品に。クスクスが家にあったので、パプリカとベビーコーン以外にも買っていたキュウリやブロッコリー、トマトでモロッコ風サラダを。上にかかっているのは、チーズに見えて、実は豆腐で作ったチーズ。友人に教えてもらったビーガンレシピなのですが、豆腐と気付かないぐらいチーズぽいのでハマっています。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む