1. トップ
  2. レシピ
  3. 【まとめ】「コレさえ買えば間違いなし!」マニアがオススメする”業スーマストバイ商品”8選

【まとめ】「コレさえ買えば間違いなし!」マニアがオススメする”業スーマストバイ商品”8選

  • 2021.2.17
  • 11032 views

大容量なのに安すぎる業スー。話題になっているのは知っているけど何を買えばいいのかわからない…なんて事ありますよね。 そこで今回は「コレさえ買えば間違いなし!マニアがオススメするマストバイ商品」を8つご紹介! 今晩の献立に悩んでいる方、必見ですよ♪ さっそくチェックしていきましょう。

(1)千切りピーマン

この投稿をInstagramで見る

地味に切るのが面倒な野菜も手軽に使えるのが業スー冷凍野菜のいいところ。 お料理の彩りにもなってくれる「千切りピーマン」は解凍するだけですぐ使える、まさに救世主。 炒め物やサラダ、煮物など和洋問わず大活躍してくれます。 お値段は大容量、500g入りで158円! コスパのよさも見逃せない業スー冷凍野菜です。

(2)オクラスライス

この投稿をInstagramで見る

おいしいけど下処理に手間がかかるオクラも業スーの冷凍野菜ならいつでもお手軽にいただけます。 「オクラスライス」はそのまま単品で使うのはもちろん、からだにやさしい和食を楽ちんに作れる1品。 彩りはもちろん、ネバネバ野菜の栄養もしっかりとれるのがうれしいですよね。 こちらも500gでお値段、158円。 これで食卓にもからだにもうれしい1品がつくれそう!

(3)ヨーロッパ産いんげん カット

この投稿をInstagramで見る

業スー冷凍野菜の中でも圧倒的なコスパを誇るのは「ヨーロッパ産いんげん カット」。 500g入りでお値段、なんと138円! 使いやすい大きさにカットされているので普段の食卓だけでなく、作り置きやお弁当にもぴったり。 ストックしておけば、あと1品副菜がほしいときにも重宝すること間違いなしですよ♪

(4)業務用肉だんご

この投稿をInstagramで見る

コスパのよさだけでなくストックにも最適な商品がならぶ業スー、安心の国内製造なのもうれしいポイントですよね。 国産のお肉でつくられた冷凍「業務用肉だんご」は冷凍庫にあると大助かりなオススメ商品。 ごろっとした大きさの肉だんごは食べごたえも十分♪ ひとつあればメイン料理からお鍋の具、お弁当にまで大活躍してくれます。 お値段、500グラム入りで160円。 業スーに行ったら即買いマストな1品です!

(5)クリーミーコロッケかに60

この投稿をInstagramで見る

「クリーミーコロッケかに60」も業スーに行ったら即買いしたいオススメ商品。 そのまま揚げるだけでカニとクリームの旨味がしっかり味わえるおいしいカニクリームコロッケがいただけます♡ お値段は安心の日本製で275円。 10個入りなので安定の高コスパ、家計にもやさしいのがうれしいポイント。

(6)塩鍋の素

この投稿をInstagramで見る

まず最初にご紹介するのは「塩鍋の素」です。 塩味のストレートタイプのつゆで、牛肉やかつお節などの旨味がたっぷり詰まっています。 3〜4人分入っていて価格はなんと税抜77円! このコスパのよさも人気の理由の一つです。 鍋の素としてだけでなく、普段の料理のだしとしても使えます♪ 秋・冬限定商品なので、気になる方はお早めにゲットしてください!

(7)アメリカンドック

この投稿をInstagramで見る

続いてご紹介するのは「アメリカンドック」です。 5本入りで税抜228円と安いのに、味はかなり本格的。 屋台やコンビニの味が手軽にお家で再現できます。 すでに油で揚げてあるので、電子レンジ1分ほど加熱するだけですぐに食べられます。 カリカリ食感を楽しみたい人は再度油で揚げて食べてくださいね。

(8)辛子めんたいこ

最後にご紹介する「辛子めんたいこ」は、絞り出して使えるところが特徴です。 調理に使いやすくてとっても便利ですよ。 福岡の老舗めんたいこメーカー「やまや」の商品というだけあって味も絶品! ご飯に乗せたり辛子めんたいこパスタにしたりすると、ついぺろっと食べてしまいます。どんな料理にも合うのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか♪


今回は、マニアがオススメする業スーのマストバイ商品を8つご紹介しました。 どれも安くて美味しいので、絶賛されるのも納得です。 完売する前に早めに購入しましょう! ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※記事内の情報は執筆時のものになります。 価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。 また、店舗ごとに在庫が異なるため、お立ち寄りの店舗にてご確認ください。 2021年2月17日現在 (liBae編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる