1. トップ
  2. 劇団☆新感線による、コロナ時代の新たな舞台様式。

劇団☆新感線による、コロナ時代の新たな舞台様式。

  • 2021.2.16
  • 1049 views

密を避けて、短時間で! 強烈キャラクターが大暴れ。

Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』

出演者は全11人と少人数ながら、新感線ならではの強烈な個性とフレッシュな才能がずらり。上段左から主演の古田新太、阿部サダヲ、下段左から浜中文一、木野花、西野七瀬。

ド派手で大がかりな舞台が印象的な劇団☆新感線が、コロナ禍の中で日々模索、「密にならない、短い上演時間で、新感線らしい、観たお客様が元気になる作品を」と新たなスタイルで発進! いのうえひでのりが演出、中島かずきの書き下ろしで実現するのは、月影花之丞──。かつて木野花が演じた強烈キャラが18年ぶりの大暴れ、鬱屈とした日々を笑い飛ばすのに最適だ。

Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』東京建物ブリリアホール(東京・池袋)日程:2/26〜4/4全席指定S席 ¥14,000、SD席¥14,000、AD席¥11,000 ※ほか割引あり●問い合わせ先:サンライズプロモーション東京tel:0570-00-3337※4/14〜5/10大阪公演ありwww.vi-shinkansen.co.jp/yellow新型コロナウイルス感染症の影響により、アルバム発売時期、舞台開催時期が変更となる場合があります。最新の情報は各HPをご確認ください。

*「フィガロジャポン」2021年3月号より抜粋

元記事で読む