1. トップ
  2. 西川貴教「ギリシャの遺跡から出てきたみたいな形ですね!」日本六古窯の職人との“文通”に感激

西川貴教「ギリシャの遺跡から出てきたみたいな形ですね!」日本六古窯の職人との“文通”に感激

  • 2021.2.16
  • 426 views

「滋賀ふるさと観光大使」でもあるアーティスト・タレント・実業家の西川貴教が2月16日、「ネスカフェ 香味焙煎 文通陶磁器~職人があなたを象(かたど)る珈琲マグ~発表会」に登場。西川は「メールやZoomばかりの最近ですが、手紙という古来のやりとりもいいですね。この自粛期間が終わったら、日常使いのものをアートにまで高めてる職人さんの作業を実際に見に行きたいですね」と語った。

【写真を見る】西川貴教をイメージしてコーヒーカップを作ってくれた職人らとリモートで対面!

1000年以上の歴史を持つ陶磁器窯「日本六古窯(ろっこよう)」(越前焼・瀬戸焼・常滑焼・信楽焼・丹波焼・備前焼)とネスレが共同で行う企画。窯元の陶磁器職人宛にオンライン上で“メッセージ(手紙)”を書いて応募すると、当選者本人をイメージしたオリジナルの陶磁器が返事と届く“文通体験”ができる。

着物姿で登場した西川は、新型コロナ禍に取り組んだフィットネスで、朝の空腹時に必要なカフェインをコーヒーから取っていたことを告白。ネスカフェ独自の香味真空氷結製法で作られたレギュラーソリュブルコーヒー「香味焙煎 柔香(やわらか)」を「朝起きてすぐ、トレーニング前に」、同「香味焙煎 豊香(ゆたか)」を、豆乳や牛乳などを加えて「トレーニング後に必要なタンパク質も同時に取ってます」とこだわりを明かした。

実際に“文通”した信楽焼の職人の陶磁器を受け取った西川は「新しく作られた物なのに気品があって、ギリシャの遺跡から出てきたみたいな形ですね!」と感激。職人に「エレガントさと力強さを兼ね備えた方なので、古代の雰囲気あるフォルムと深みのあるブルーで製作しました」と言われ、「琵琶湖の深さも色に表れていて、着物と合ってていいですね。和洋折衷、今すぐ使いたいです」と喜んだ。

他に越前焼、瀬戸焼、常滑焼、丹波焼、備前焼の職人と、それぞれが西川をイメージして製作したコーヒーカップが登場。印象的なフォルムと、青みかかった作品が多く、「自分の色に今まで寒色ってなかったので新鮮です」と、新たな自分像を発見した様子。

職人側も「使う人をここまでイメージして作ることってないので貴重な経験ができました」と、今後一般の方ともつながる企画趣旨を歓迎していた。

「ネスカフェ 香味焙煎 文通陶磁器~職人があなたを象(かたど)る珈琲マグ~」キャンペーンは、4月30日(金)夜11:59まで実施。

◆取材・文=坂戸希和美

元記事で読む