1. トップ
  2. SixTONES京本大我の“勝手に”エピソードに明石家さんまびっくり「あかんあかん!」

SixTONES京本大我の“勝手に”エピソードに明石家さんまびっくり「あかんあかん!」

  • 2021.2.15
  • 295 views

2月16日(火)放送の「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)では、「東京出身VS地方出身」として、東京出身の大原櫻子、京本大我(SixTONES)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、丸山桂里奈と、兵庫出身・尼崎のなつみかん(東菜摘)、青森出身・王林(りんご娘)、埼玉出身・太田光(爆笑問題)、福岡出身・小峠英二(バイきんぐ)、鹿児島出身・元ちとせ、和歌山出身・溝端淳平が登場。SixTONES・京本が「勝手にエピソード始めてもいいですか?」と切り出し、明石家さんまを驚かせる様子が放送される。

【写真を見る】明石家さんま、自身の番組をきっかけにデビューした元アイドルの息子である京本大我にタジタジ

京本大我のトークに明石家さんま大慌て!

番組初登場の京本は、父が俳優の京本政樹、そして母はさんまが司会を務めた番組をきっかけにデビューした元アイドルということで、爆笑問題・太田から「さんまさんに手を付けられたんだ」といきなりのイジり。

京本は、さんまに「手を付けてますか?」と真剣な表情で尋ねると、さんまは「つけそうになったんや!」と口惜しそうな顔をしてみせる。

最初のトークテーマ「東京・地方出身者のちょっとムカつく言動」では、地方出身で売れない時代は生活に苦労してきたバイきんぐ・小峠が、実家暮らしの芸人が“貧乏面”をすることに苦情。

若い頃、実家暮らしだった爆笑問題・太田は「逆に、金がないのが羨ましい。芸人としては苦労している方がプラス」と芸人たちがトークを繰り広げていると、京本も「刺さりましたね」と実家あるあるに共感し「勝手にエピソード始めてもいいですか?NEWエピソードが浮かびました!」と、いきなりさんまに申告。

驚いたさんまは「あかんあかん!」と止めるも、周囲の強い勧めで京本が予定にないエピソードトークをスタート。

京本が“ビックリした後輩の行動”について明かすと、さんまから「(父親の)京本さんに電話して言うわ!」という言葉が。さらに、SixTONESのメンバーとのエピソードも披露する。

元記事で読む