1. トップ
  2. おでかけ
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン役、次は「人語を話すクマ」役で新作を手掛ける

『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン役、次は「人語を話すクマ」役で新作を手掛ける

  • 2021.2.15
  • 686 views

『ゲーム・オブ・スローンズ』などへの出演で知られるピーター・ディンクレイジが、『This Was Our Pact(原題)』を原作とする映画で製作・出演を担う。(フロントロウ編集部)

ピーター・ディンクレイジが「人語を話すクマ」に

大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、多くの人から愛されたティリオンを演じたピーター・ディンクレイジが、『This Was Our Pact』の映画化の製作を務める。

画像: ピーター・ディンクレイジが「人語を話すクマ」に

ライアン・アンドリュースによる児童書である『This Was Our Pact』は、ベンという名前の少年と、彼のクラスメイトたちが主人公。秋祭りで川に流されるランタンは、その先で空へ舞い上がり、星になるという言い伝えがある。しかしそれは本当なのだろうか?今夜、子供たちの冒険が始まる…。

『This Was Our Pact』のアニメーション映画では、誰もが心に抱いたことのある冒険心を色鮮やかに描く。そして、その旅路で少年たちが出会う変なキャラクターたちには、人語を話すクマも。“ミステリアスでカリスマ性のあるクマ”と説明されているキャラクターは、製作も手掛けるピーターが声を演じる。

2人の子を育てる父親であるピーター・ディンクレイジ

ピーターはこれまでにも、映画『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』と『アングリーバード』で声優を務めてきた。そんなピーターは、今年で10歳と4歳になる2人の子供を育てる父親。

2015年に英The Guardianのインタビューを受けた時には、当然のことながら、彼の代表作の1つである『ゲーム・オブ・スローンズ』を見るには娘は幼すぎると話しており、10歳となった現在でも見せていないことは予想できる。

画像: アメリカのニューヨークで、娘と一緒にキックボードに乗っている姿がたびたび目撃されているピーター・ディンクレイジ。
アメリカのニューヨークで、娘と一緒にキックボードに乗っている姿がたびたび目撃されているピーター・ディンクレイジ。
画像1: 2人の子を育てる父親であるピーター・ディンクレイジ
画像2: 2人の子を育てる父親であるピーター・ディンクレイジ

しかし『This Was Our Pact』であれば、子供たちも楽しめるはず。また、第1子が映画館で初めて見た映画は、スタジオジブリによる『となりのトトロ』であり、ピーター自身も宮崎駿監督の作品が大好きだという。

そんなピーターが製作にも携わり、声優も務めるアニメーション映画『This Was Our Pact』ともなれば、子供たちから彼のファンまで、多くが楽しめる作品になりそう。(フロントロウ編集部)

元記事で読む