1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが“幸せを感じる決め手”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが“幸せを感じる決め手”がわかる心理テスト

  • 2021.4.3
  • 166694 views
undefined

幸せは主観です。同じことが起こっていたとしても人によっては幸せだと感じますし、人によっては不幸せだと感じるでしょう。あなたが人生を幸せだと感じるのはどういうところなのでしょうか?あなたが幸せを感じる決め手となることを探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.風船

2.胃袋

3.ほら貝

4.フグ



1.風船に見えた人は「周りの人との関係性の良さ」

図形が風船に見えた人は、周りの人との関係性の良さが幸せを感じる決め手となっていそうです。お金をたくさん持っていることや欲しいものがなんでも手に入るなどは割とどうでもよく、家族や恋人、友人や職場の人とうまくいっていることが幸せのポイントとなっているのでしょう。

このタイプの人は、周りの雰囲気にとても強く影響を受けるところがありそうです。誰かとうまくいっていない時は、人生真っ暗と言えるほど全てがダメな気持ちになってしまうでしょう。周りとうまくいっていると気分が良くどんな苦境でも軽く乗り越えられる気持ちになりそうです。

つながりを大切に感じているので、何かを決断する時も相手との相性で決めるところはありそうです。周りといい関係が築けていることで、自分の人生が幸せだと感じられる人でしょう。もし不幸せだと感じているなら、周りとの関係を見直してみると良いかもしれません。

2.胃袋に見えた人は「仕事で認められること」

図形が胃袋に見えた人は、仕事で認められることが幸せを感じる決め手となっていそうです。仕事で周りから評価を受けることや、あなたにとって仕事が順調であることが幸せのポイントとなっているでしょう。

このタイプの人は、人から必要とされることに強い魅力を感じていそうです。あなたが居なければならないという言葉に弱く、それがわかりやすいのが仕事なのかもしれません。仕事で認められることで、あなたの人生は充実した魅力的なものとなっていくのでしょう。

仕事がうまくいかないと、例え恋愛がうまくいっていてもお金がたくさん手元にあっても、幸せだとは感じられないでしょう。どこか空虚で欠けた感じがしてしまうのかもしれません。もし不幸せだと感じているなら、仕事でのさらなる向上を狙うと良いかもしれません。

3.ほら貝に見えた人は「自分らしく居られること」

図形がほら貝に見えた人は、自分らしく居られることが幸せを感じる決め手となっていそうです。例えお金がなくても仕事でいまいち成果を出せていなくても、あなたらしく伸び伸びやれていれば、あなたは幸せを感じることが出来るでしょう。

このタイプの人は、自由でマイペースなところがありそうです。ただ、周りに気を遣いやすく無理をする時もあるでしょう。例え自分らしさを失って何かを成功させたとしても、あなたは幸せを感じられないのではないでしょうか。

周りに合わせず、窮屈に縮こまらず自分らしく居る時にこそ、あなたは人生が幸せだと感じられるでしょう。もし不幸せだと感じているなら、どこかであなた自身が無理をして自分らしさを失ってしまっているせいかもしれません。

4.フグに見えた人は「平穏なこと」

図形がフグに見えた人は、平穏なことが幸せを感じる決め手となっていそうです。浮き沈みがなく、日々が大きな変化なく過ぎていっている時に幸せを感じることが出来ていそうです。アップダウンや大きな刺激は必要としていないでしょう。

このタイプの人は、小さなことに幸せを感じられる人でしょう。天気が良くて風が気持ちいい程度の事でも幸せだと思える豊かなところがありそうです。一方で変化が起こると、そこに集中してしまうため幸せを感じる余裕を失ってしまいそうです。

特に大きな良い出来事がなくても平穏な日常がそこにあることがあなたにとっての幸せとなりそうです。もし不幸せだと感じているのであれば、日常の平穏が侵されてしまっているのかもしれません。平穏な日々に一日でも早く戻れるようにすることが大切かもしれません。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部