1. トップ
  2. レシピ
  3. ダイエットや美白にも!?今「りんご」を食べたい理由

ダイエットや美白にも!?今「りんご」を食べたい理由

  • 2015.6.9
  • 2922 views

夏に向けてダイエットや日焼けが気になる季節になりましたね。ダイエットやお肌によいと言われている食べ物は沢山ありますが、実は、夏こそ食べたいフルーツが「りんご」なんです。ちょっと季節外れで意外ですよね。リンゴは、「皮ごと」、「食前に」食べることで、ダイエットや紫外線対策に役立つようなんです。

■夏こそりんごを食べたい理由3つ

(1)ダイエットに

リンゴの皮に多く含まれる「りんごポリフェノール」には、脂肪の蓄積と吸収を穏やかにする働きや、エネルギーとして脂肪を燃やす酵素を活性化させる機能もあり、さまざまな側面から脂肪の蓄積をブロックします。

(2)紫外線対策に

美白に効果的なビタミンC。リンゴには量こそ多くビタミンCは含まれていませんが、リンゴには、ビタミンCを効率よく体内に取り込むのを助ける成分が含まれており、食べることで血液中のビタミンC濃度が上がるのだとか。

さらに、リンゴに含まれる「りんごポリフェノール」にはメラニンの生成を抑える力があり、有効成分として認められている「アルブチン」よりも効果が強いそうですから、紫外線が気になるこれからの季節、白肌キープにはリンゴが強い味方となってくれるのです。

(3)ぽっこりお腹の解消に

また、ビタミンCだけでなくビフィズス菌も増やす働きもあるそう。そしてリンゴに含まれる「リンゴペクチン」と呼ばれる水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなるだけでなく、糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きや、老廃物を吸着して体外に排出させる働きもあるのでダイエットにも◎。

■りんごの効果的な食べ方

●「食前」に食べる

りんごポリフェノールや、リンゴペクチンは、脂肪や糖が身体に入ってくる前に体内に取り込んでおくことでより効果が期待できるそうですから、「食前」もしくは「食事の最初」に食べるのがおすすめ。

●「皮ごと」食べる

りんごポリフェノールは、皮に含まれる成分ですからリンゴは「皮ごと」が鉄則。皮が気になる方は、ミキサーにかけてジュースにしたり、皮を煮出してアップルティーにしても良いですね。

季節外れなのに、実はこれからの季節にピッタリのリンゴ。真夏でも買うことができますから、1日1個のリンゴを習慣にしてみてはいかがでしょうか?

(岩田麻奈未)

オリジナルサイトで読む