1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「続柄」「出生率」正しく読めますか?間違えると恥ずかしい常識漢字5選

「続柄」「出生率」正しく読めますか?間違えると恥ずかしい常識漢字5選

  • 2021.2.15
  • 1751 views
Check! 1

物事の進み具合を表す「進捗」

「進捗はどう?」など、大学生同士やインターンでも会話の中でよく使う「進捗」という言葉。
正しく読めていますか?

正解は“しんちょく”。
話し言葉ではあまり間違えないけど、メールなどに書いてあるものを読むとつい“しんぽ”と間違えがち!

友達の前でうっかり間違えないように、しっかり覚えておきましょう。

Check! 2

自分には関係ないことを意味する「他人事」

ESや面接でも「他人事と捉えず、メンバーと協力し合います!」といった形で使いがちな「他人事」。

“たにんごと”と読む人も多いですが、正しくは“ひとごと”!

日常生活ではどちらの読みも使われがちですが、就活の面接などのシーンではミスなく正しく使いましょう。

Check! 3

就活のケースワークでも頻出!「出生率」

「日本の出生率を上げるには?」といった就活のケースワークやグループディスカッションで出がちな「出生率」という言葉。大学生活でも時事問題を話し合う際によく使うかもしれません。

正しい読み方は“しゅっしょうりつ”!

“しゅっせいりつ”と読んでいた人も多いのでは?
せっかく自分の意見をしっかり言えても、漢字の読み間違いをしてしまうと台無しに…。正しい読み方をおさえて。

Check! 4

履歴書でもよく見る「続柄」

履歴書やかしこまった文書ではよく見る「続柄」。“ぞくがら”と読んでしまったそこのあなたは間違い!

正解は“つづきがら”。

大学生活でも、あらゆるシーンで書類を書くときに使いがちだから、間違えないようにしっかり覚えて。

Check! 5

漢字と読み方の間違い多発!「漸く」

話し言葉でもよく使う「漸く」、正しく読めていますか?

正解は“ようやく”!

”しばらく”と間違えていた人も多いはず。“しばらく”は漢字では「暫く」です!この2つは間違えやすいので、注意しましょう。

元記事で読む