1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『ラブ・セカンド・サイト』特別映像公開 初々しさ溢れる不意打ちのキスシーン

『ラブ・セカンド・サイト』特別映像公開 初々しさ溢れる不意打ちのキスシーン

  • 2021.2.14
  • 351 views
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』(c)2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS

5月7日に公開される映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』の特別映像が公開された。

『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と『エール!』の製作陣が再タッグを組んだ本作は、若くして結婚したジェラン監督が、自身の結婚生活を見直すことで生まれた、オリジナルのラブストーリー。

高校時代、一目惚れから結婚したラファエルとオリヴィアだが、人気SF作家として多忙な日々を送るラファエルと、小さなピアノ教室を開くオリヴィアの夫婦生活はすれ違いが続いていた。2人が大喧嘩をした翌朝、見覚えのない部屋で目覚めたラファエル。そこは、自分はしがない中学教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した“もう一つの世界”だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった。

公開された映像には、2人同時に気絶してしまうという運命的な出会いを果たした翌日、再会したラファエルとオリヴィアがキスする姿を収められている。小説を書き溜めていた大切なノートを失くして落ち込んでいたラファエルに、オリヴィアが偶然拾っていた彼のノートを渡すシーン。感激のあまりオリヴィアの両頬にキスするラファエルだが、彼女を気になっている気持ちを上手く伝えられず、自分の小説の話の続きをしてしまう。しかし、そこにオリヴィアは「読んだ時のイメージはこうだった」と不意打ちのキス、小説の主人公とは対照的に純朴さが垣間見えるラファエルと、少し緊張した様子ながらも、彼の瞳を真っすぐ見てキスするオリヴィアの、初々しくも胸が高鳴るシーンとなっている。

撮影にあたり前準備として行ったことは、ラファエル役のフランソワ・シビルとオリヴィア役のジョセフィーヌ・ジャピ、ジェラン監督3人でのプラハへの小旅行。ジェラン監督の提案により、通常の撮影だけでは生まれない2人の関係の化学反応を狙い、カップルの振りをしてカメラを回したという。シビルは小旅行を振り返り、「前準備が十分だったから、いざ撮影という段階になったときには、僕らは音合わせもバッチリのオーケストラみたいだったんだ」と、自然な空気感を出せた理由を語っている。

また、公式Twitterでは、バレンタインデーを記念し、オンラインでの試写会が抽選で当たるキャンペーンも実施されている。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む