1. トップ
  2. グルメ
  3. 【直方市】女性パティシエ日本一のケーキはここで!

【直方市】女性パティシエ日本一のケーキはここで!

  • 2021.2.14
  • 14531 views

こんにちは!地域特派員のみゅーとです。 福岡市から車で約一時間、のどかな町“直方市”に素敵なパティスリーがあると聞いて行ってみました!なんと、とても輝かしい経歴をお持ちのパティシエさんがいらっしゃいました。

こんなところにケーキ屋さん♡
出典:リビングふくおか・北九州Web

以前は直方イオンの近く、北九州市八幡西区星ヶ丘にあったこちら【PATISSERIE arome】(パティスリー アローム)。 フランス語で“いい香り”を意味する“アローム”から名付けられた店名だそう。 2016年、直方市上新入へ移転してもなお、連日多くのお客様が訪れる大人気店です。

出典:リビングふくおか・北九州Web

お店の入り口にも心ときめくオブジェがたくさん!

出典:リビングふくおか・北九州Web
なんと!日本一の女性パティシエがここに!

こだわりの素材を素敵に変身させるこちらのシェフパティシエは向野美樹さん。(下写真左)

出典:リビングふくおか・北九州Web

キラキラと輝く優勝杯も店内に!

出典:リビングふくおか・北九州Web

こちらが日本一受賞作品の“Cake aux Orange au thé ”(ケーク・オ・ゾランジュ・オ・テ)!

出典:リビングふくおか・北九州Web

一口食べて思わず『わ!美味しい!』と家族で目を見合わせたほど! ほんのりと蜂蜜が香るアーモンドベースの生地に無花果のプチプチとした食感が新しく、後からオレンジの爽やかな香りが口に広がる絶品ケーキです!カットされた個包装のものもあります。 午前中には売り切れてしまうこともあるのでご予約がおススメです。

ほかにも、心躍るスイーツたちがたくさん!
出典:リビングふくおか・北九州Web

お店に入るとふんわりと甘い香りに包まれます。 ショーケースには季節のフルーツをふんだんに使った彩とりどりケーキたちがお出迎え。 目尻が下がり、声まで優しいトーンになりそう♡

出典:リビングふくおか・北九州Web

写真左で、こぼれ落ちそうなほどのイチゴがのっているのは“あまおうのタルト”。 地元直方のあまおうを贅沢に使ったタルトです。 周りはサクッとしたタルト生地、優しい甘さのしっとりとした生地と甘酸っぱいイチゴが、お互いにそれぞれの美味しさを引き立てあっている絶品タルト。 私がお邪魔していた時間にお見えになったお客様は。もれなくこのあまおうのタルトを購入していかれたというほどの大人気の一品。 早い時間に行かないとお目にかかれない、売り切れ必至のケーキです!

出典:リビングふくおか・北九州Web

旬のフルーツを使ったケーキ。常連さんの中には季節によって変わる新作のケーキを欠かさず買いに来られる方も少なくないとか!次のシーズンが楽しみです♡

お店奥には色んな種類の焼き菓子があり、こちらもどれにしようか迷ってしまいます!

出典:リビングふくおか・北九州Web
出典:リビングふくおか・北九州Web
出典:リビングふくおか・北九州Web

こちらは、ブラック・ミルク・ホワイトに次ぐといわれるブロンドチョコレート、“DULCEY(ドゥルセ)”。 フランスの高級チョコレート“ヴェローナ社”のチョコがずらり!この季節に要チェックですね!チョコ好きにはたまらないコーナーです。

作り手の想いが伝わるパティスリー
出典:リビングふくおか・北九州Web

お店は、シェフパティシエの向野さんとお母様そして、小さな娘さんも癒しの笑顔でお客様を迎えてくれます。 師匠・朝田氏の教えの一つ『作る側の気持ちや雰囲気、心のありようがお菓子たちを美味しく魅力的なものにする』を、皆さんで表現なさっているのがとても伝わってくるお店です。 シェフに未来へのビジョンを伺ってみると、『ゆっくりと、そして皆さんに愛されるお菓子を無理のないペースで作り続けていきたい、それが目標ですね!』と微笑んでお話し下さいました♡

出典:リビングふくおか・北九州Web

全てのスイーツはシェフお一人で製造していらっしゃるため、ご希望の品は予約がおススメです。 【PATISSERIE arome】パティスリー アロームのお菓子たちと、おうち時間を更に彩りあるものにされてみるのもいいかも♡

【PATISSERIE arome】パティスリー アローム 住所 直方市上新入2062-5 電話 0949-28-7226 営業時間 10:00~17:30 店休日 月曜日・火曜日・水曜日 駐車場 あり LINE Official https://page.line.me/qhf8142n

元記事で読む