1. トップ
  2. 恋愛
  3. 生まれた日でわかる【愛され力】ランキング 14日生まれは同性から支持が高いタイプ!

生まれた日でわかる【愛され力】ランキング 14日生まれは同性から支持が高いタイプ!

  • 2021.2.14
  • 75813 views

「愛され女子」という言葉が一時期流行りましたが、あなたは自分に愛され力があると思いますか? あると思った人、少しはあると考えた人、中には自信がないと感じている人もいるでしょう。実際のところはどうでしょうか? 生まれた日にその答えがあります。さっそくみていきましょう!

■第1位 3日・12日・21日・30日生まれ……みんなのアイドル
愛されるために生まれてきたといっても過言ではないくらい、愛され力に満ちているのが、この生まれの人。本人は気づいていなくても、この人には天性のスター性が備わっていて、ちょっとした仕草一つでみんなの心をわしづかみにします。コミュニケーション上手なのも愛され資質の1つ。愛され力だけで天下がとれるレベルです。

■第2位 6日・15日・24日生まれ……モテモテ人生
この生まれの人は円満な人柄で愛情深く、誰に対しても親切です。人のための行動がごく自然にできて、周囲に調和をもたらします。しかも優れた美意識の持ち主で、とびきりのオシャレ上手でもあるのです。そんなタイプなので、当然のことながら愛され力は抜群です。周りのみんなから愛されて、モテモテの人生を送るでしょう。

■第3位 2日・11日・20日・29日生まれ……どこに行っても人気者
この生まれの人は豊かな感受性と直感力に恵まれていて、まるで月の光のように人の心にすんなり入り込むことができます。そして繊細な気づかいをみせて、相手を虜にしてしまうのです。そばにいる人ほどこの人の魔力にかかり、忠誠を誓いたくなるでしょう。誰もが愛さずにはいられない、強い愛され力の持ち主なのです。

■第4位 5日・14日・23日生まれ……同性モテするタイプ
自由を愛するこの生まれの人は、怖いもの知らずのチャレンジャー。いつも新しい冒険を求めていて、アクティブに動き回っているでしょう。その姿は「カッコいい!」の一言。この人に憧れている人は、本人が驚くほど大勢いるはずです。もちろん愛され力は高く、特に同性からの愛が強い模様。ほとんどタレントとファンの図式なのです。

■第5位 8日・17日・26日生まれ……カリスマ的魅力の持ち主
愛されるタイプには大きく2系統あります。ネコのようなかわいい小動物系と、トラやライオンのようなパワフルな猛獣系です。この生まれの人は後者で、独特の迫力に満ちた存在感で周囲を圧倒し、惹きつけます。この人が何をやっても周囲は大目に見るでしょう。カリスマ的魅力で愛され、何かと優遇されることが多い人なのです。

■第6位 9日・18日・27日生まれ……ミステリアスな癒やし系
この生まれの人は、周囲の目にミステリアスな人として映ります。常に控えめで、自我を強く打ち出すようなことがないからです。また、心やさしく寛大であることから、癒やし系として認知されることも。愛され力は中の上で、知り合いになるほど愛される傾向。ただ、初対面の人からは、よくわからない人という印象を持たれがちなのが玉にキズ。

■第7位 7日・16日・25日生まれ……独自路線がウケる
この生まれの人は一匹狼タイプで、あまり人と群れません。人が距離を縮めようとして近づくと、回れ右して逃げ出すほどです。そんな人なので、愛されるほうではないかもしれません。しかし、自分の世界を持っているので、そこがウケて、一部の人から熱狂的に愛されることはありそう。同じ趣味を持つタイプからも好かれるでしょう。

■第8位 4日・13日・22日・31日生まれ……きちんと感が評価される
真面目で誠実、ルールはきちんと守るのが、この生まれの人たち。頼りになるため、学校や職場では「長」のつく役職に就くことが多く、尊敬を集めているでしょう。ただ、隙がない分、愛され力は弱いほうかも。愛したくなるかわいげより、近寄りがたさが先行してしまうのです。この人自身も、愛され力はほしくなさそう。

■第9位 1日・10日・19日・28日生まれ……愛されるより愛したい
この生まれの人はボス体質で、何でも自分が仕切りたいタイプ。「自分の道は自力で切りひらく」がモットーで、愛されによる優遇や恩恵を必要としていません。もちろん人から愛されるのはうれしいことなのですが、愛されるより愛したい気持ちが強く、愛されるだけの関係には背を向けがちです。何であれ、受け手に回りたくないのです。

愛され力があると、人からやさしくされたり、大目にみられたりすることも多く、メリットの多い人生を歩むことができます。一方、ランキング下位だった人は、愛され力がないというより、愛され力を必要としていないタイプ。これからも独立精神を発揮して自分らしく生きていくといいでしょう。
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む