1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【数秘術】誕生数が6の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が6の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

  • 2021.2.12
  • 5888 views

これまで気づかなかった自分の本質や性格がわかると人気の数秘術。ライフパスナンバーを使って、あなたの人生を充実させる道しるべを見つけましょう。ナンバー8は、協調性が高く、尊敬できる人と一緒に働くことで評価されるでしょう。恋愛においては愛情深いパートナーを選ぶことで、結婚後、家族が心地よく過ごせる家庭を築くことができます。

■誕生数がナンバー6の基本性格

ナンバー6は「みんなで一緒」が好きなタイプ。協調性が高く、集団の中ではムードメーカーや連絡係として重宝されるでしょう。誰かに必要とされる状態に安心するので、職場でもプライベートでもリーダー役よりサポート役を担うことが多いはずです。

ただ、慣れない環境や苦手なタイプがいる状況では無理をしがちに。調和が大事とはいえ、自分をすり減らしてストレスを溜めるくらいならひとりの気楽さを覚えた方がいいかもしれません。誰と付き合うか、何のグループに属するかはよく吟味しましょう。コミュニケーション能力が高いだけに、自分が思うほど周囲は本音を汲んでくれないはずです。

また、ナンバー6は勤勉で責任感が強く、他者のために自分を犠牲にすることがあります。大切な人とは丁寧に付き合いたくなりますが、自分を後回しにしすぎないように。示した好意と同じだけの優しさ、あるいはそれ以上の思いを返してくれる人を友人に選ぶといいでしょう。

■誕生数が6の人の恋愛傾向

好きな人の色に染まりやすい尽くしタイプです。積極的にアプローチするのが得意ではないものの、優しく人当たりが良いので自分が思う以上に恋上手。焦らず、友情の延長上でじっくり距離を縮めるとうまくいくでしょう。

ナンバー6は自分がどう思われているのか気にしすぎる傾向がありますが、それより相手を喜ばせたい気持ちを大切に。デートでは相手が笑顔になることを考えて、純粋にふたりの時間を楽しむと充実するはずです。

とはいえ恋愛では受け身になりやすいため、都合の良い関係に甘んじてしまう可能性も。自分が幸せになることを最優先して相手の言いなりにならないように。相手のお願いを断ったら嫌われるかも……と不安にさせるような人はそもそもあなたの恋人としてふさわしくありません。愛情深く気遣いができるタイプが最高のパートナーになります。

■誕生数6の人が仕事で成功するヒント

勤勉で気が利くため補佐役や秘書など、縁の下の力持ちとして活躍できます。ナンバー6は誰をボスに選ぶかで仕事人生が大きく変わるのです。尊敬できる上司や経営者の下では高く評価され、やりがいもあるはず。ボスの出世と共に自分のポジションや年収も上がっていくでしょう。

そのため、仕事で成功するにはどんな環境に身を置いて、誰と一緒に働くかが大事。そこを吟味することが何より大事です。また、個人事業主の集まりのようなベンチャー企業より、上下や横のつながりが密な組織がナンバー6には合っています。チームワークを重視して、みんなで目標を達成することに仕事の喜びを見いだせるでしょう。後輩の指導やサポート役でも実力を発揮できるはずです。

■理想の結婚

ナンバー6は結婚すると、家族のために尽くす良き妻、良き母になるでしょう。専業主婦か、あるいは共働きでも家庭を優先した働き方が良さそうです。というのも、ナンバー6にとって一番の幸せは愛する人が笑顔でいることだから。家族が心地良く過ごせる環境を整えることに充実感を覚えるのです。

ただ、「みんなのため」と思いすぎて嫌なことも言えず、ストレスを溜めてしまうことが。夫婦関係はつねに対等と考えて、自己主張は積極的にした方がいいでしょう。
家事育児はお給料が発生しなくても立派な仕事。パートナーからは感謝されるべきものなのです。「妻としてやって当然」「母親なんだから当たり前」と言われたら、堂々と反論してやりましょう。家庭を大切にするナンバー6ですから、同じ感覚で家族を気遣える人がベストパートナーになります。

元記事で読む