1. トップ
  2. 恋愛
  3. 私の恋愛成長記。彼を”好き過ぎる”ことのコワさ

私の恋愛成長記。彼を”好き過ぎる”ことのコワさ

  • 2015.6.8
  • 4202 views

こんにちは(∩˃o˂∩)♡

今日のakane'sコラムは

「好きすぎる」事の怖さについて。

画像提供 We Heart it

私は今の彼と一目惚れで付き合ったから

ほんとーにほんとーに阿呆みたいに好きが

止まりませんでした。

好きずきるせいで

彼を束縛したり彼に迷惑を

沢山かけていました

『私が好きな物は、彼も好きになってくれはず』

彼はもともと、カラオケが好きじゃなくて

でも、あたしは大好きだったから

あたしの趣味を無理やり彼に押し付けて

よくケンカしてました

『浮気されるという不安』

彼の飲み会の時には、いつもいつも

不安になり、夜なかなか眠れませんでした。

不安が頂点になったら彼に電話をするも

当然出られるはずありません。

そして、次の日はその事でケンカ。

『少しの遅刻も許せない』

彼と遊ぶ時も遅刻しないよーに毎日

電話で起こしてそれでも待ち合わせの場所に

遅れそうになっただけでイライラ

合流して、それからケンカ

『連絡は、毎日絶対』

彼は仕事がハードなのに、私は沢山会いたくて

平日、土日、メール、電話も毎日

夜勤終わってからも電話。

それを彼からきついから少なめにしたいと

言われたら、機嫌が悪くなる私。

今思い返しても、ほんとにこんな私に

付き合ってくれた彼は凄いなって思います

ほんとに、彼に迷惑しかかけなかったんです。

依存心が強い恋愛はダメなんだと

別れて初めてきづきました。

好きすぎると、周りが見えず

自分の事しか考えてられなかった。

『恋に、恋をする』自分が好きだっただけ。

私は、幸せじゃなきゃいけない。

この人で最後にしないといけないから

絶対別れたくない

彼の事を思ってるよーであたしは

結局自分のエゴを通したいだけだった。

彼の気持ちなんか少しも考えずに

自分が幸せでいることしか考えてなかったんです

彼と別れてる期間が8ヶ月ありました

私はその間、自分なりにいろんな経験をして

これじゃダメなんだと、気づかされました。

私は思いやりを履き違えてた。

好きすぎて周りが見えず

視野を広げる事ができなかった

自分に自信も持てなくて彼に

幸せにしてもらう事ばかり考えてた

それってすごく悲しい事なんだと。

もっと自分に余裕があれば...

そう気づいた時に、彼はもう隣に居ない

今の自分だったら、ちゃんと彼を

思って愛してあげられたはず。

そう考えて、何回泣いたか笑

でも、いろいろあって、彼とまた

お付き合いする事になってほんとに

前とは全然違う今があります。

彼を思うと、自然と彼も私を思う。

それは前の二人じゃ考えられなかった事だから

片方だけが思うのではなく

お互いに思い合うことが大切なわけで。

「ありがとう」 「ごめんね」

「お疲れさま」 「大好き」

「幸せ」 「嬉しい」 「感謝してる」

些細な言葉だけどこれって

本当に大切な言葉。

今も充分彼が好きだし

あの頃の気持ちと全く変わってないけど

1つ変わったとしたら私は

自分に余裕が出来たということ。

余裕がある人はちゃんと

相手を思って行動する事ができるんだと

私は恋に恋をしてる自分が好きなんじゃなくて

彼という人間をちゃんと好きになれたんです。

ほんとに大きな成長だと思ってます。

好きすぎるって悪い事じゃないけど

やっぱり、周りが見えなくなってしまいがち。

自分に余裕を持つと、自然と相手を

思いやれるもんなんです。

自分ばかりの恋愛からは抜けて

大好きな人を愛してあげれば

本当にずっと、愛され続けるのかもしれません。

http://signof.me/ch/akaneman/entry/326788

もっと愛させる↓記事はこちら↓

長々と読んで頂き、ありがとうございました

akane。

元記事を読む