1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. マスク内のニオイをジャスミンの香りにととのえるガム! 『ACUO FOR MASK』

マスク内のニオイをジャスミンの香りにととのえるガム! 『ACUO FOR MASK』

  • 2021.2.10
  • 1074 views

「息スッキリ長続き!」がコンセプトの「ACUO(アクオ)」シリーズから、新しい生活様式に寄り添った『ACUO FOR MASK』が登場! ロッテで初めて、ニオイを調和させる「ハーモナージュ技術」を採用しており、マスク着用時にマスクの中のニオイが気になる人にぜひお試しして欲しいガムに仕上がっているという。

不快臭を覆い隠さずに取り込んで調和させるという新技術、withコロナ時代のガム登場!

毎日マスクをするようになって、マスクの中のニオイや、今まで何とも思っていなかった自分の口臭が気になるようになったという人も少なくないはず。そんな多くの人が持つ新しい生活様式においてのマスクの悩みにロッテ開発担当者が着目し、マスク着用時の気になるニオイの軽減を目的に開発されたのが『ACUO FOR MASK』(23g・想定小売価格 税抜184円前後・2021年1月19日発売)だ。

「ACUO」シリーズは、噛むことで外側のカプセルが壊れ、中央のミント香料が放たれてコンセプトの「息スッキリ長続き!」を実現する爽やかなガムだが、なんといっても今回はマスクをしながらでもスッキリ味わえることを目的に作られたのが新しい。

ロッテが行った「マスクの中のにおいは気になるか」というアンケート調査によると、実に8割以上の人が「いつも気になる」「気になることもある」と回答。しかし、何かしらの対策をしていると回答した人は約2割で、多くの人がマスクの中のニオイに不快感を抱いてはいるものの、何も対策を取れていないのが状況なのだ。

口の中をスッキリさせる従来のキシリトールガムは、口の中や息の香りにフィーチャーし開発されたものが多かったが、口の中や息はもちろん、“マスクの中の空間”の香りを良くするということに着目し、ロッテで初めて「ハーモナージュ技術」を採用したのも新しいポイント。

「ハーモナージュ技術」とは、不快な香りを良い香りの構成の一つと捉えることで、不快な香りを感じにくくさせる香料技術のこと。一般的には、不快なニオイの軽減には不快臭を別の香りで覆い隠す「マスキング技術」と呼ばれる香料技術が使われるのだが、完全に不快臭を覆い隠そうとすると別の香り自体が強くなってしまい、ガムとしては食べづらいといった課題があった。

その点、ハーモナージュ技術は不快な香りを隠すのではなく取り込んで調和させるので、今回でいうとマスクの中の嫌なニオイをジャスミンの爽やかな香りに変えてくれるというわけだ。

グリーンとシルバーを基調とした「クリアジャスミン」味らしいクリーンなパッケージ。チャック付きなので持ち運びに便利で、いつでもひょいっと味わえる。

袋を開けると、真っ白で長方形のガムと捨て紙数十枚が入っている。鼻を近づけてみるとほんのわずかだけジャスミンの甘い香りが漂ってきた。

さっそく噛んでみると、その瞬間先ほどとは比べ物にならないほどジャスミンのエキゾチックで華やかな香りに口の中全体が包まれた。シュガーレスだが、天然甘味料のエリスリトールが入っているのでほのかに甘く、キシリトールのひんやり感も爽快だ。

従来の清涼感のあるガムだと、マスク着用時に噛むとマスクの隙間から目にもその清涼感が届いて目のひりつきが生じやすくなるが、それが起こりにくいように設計されているという。マスクをして味わってみたが、たしかに口の中にはしっかりとした清涼感が感じられても、目にそれが感じることは無かった。

鼻から抜けるジャスミンの香りにリラックス。常にジャスミンとキシリトールの爽快なテイストが味わえて、マスクの中の不快なニオイを感じることはなく、噛み終わった後も、しばらくスッキリ爽快感が残った。

マスクの中のニオイや口臭が気になりつつ、今まで何をして良いか分からなかったという人は、ぜひお試ししてマスクの中の空間の香りの、スッキリ爽快感を体験してほしい。

全国のスーパーやコンビニで発売中。

元記事で読む
の記事をもっとみる