1. トップ
  2. ファッション
  3. 2021年もデニムガウチョパンツできれいめコーデを作る。大人っぽい着こなし方

2021年もデニムガウチョパンツできれいめコーデを作る。大人っぽい着こなし方

  • 2021.2.10
  • 12348 views

きれいめなデニムガウチョパンツコーデ特集

「今日のコーディネート、どんなお洋服をメインにしよう?」そんな風に迷ったら、まずはどんな服にも合うジーンズを手に取る大人女性も多いはず。

一口にジーンズと言ってもデザインやカラーは様々ですが、2021年に人気が出そうなのは、ゆったりと穿きこなせるデニムガウチョパンツなんです。

下半身をスリムに見せるのはもちろん、トップスインすればウエストも細く見えるので、おしゃれな大人女性なら取り入れない手はありませんよ。

春のおしゃれなデニムガウチョパンツコーデ

デニムガウチョ×白ニットコーデ
デニムガウチョ×白ニット
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×白ニット

デニムパンツはカジュアル過ぎて苦手…。

そんなきれいめ派の大人女性の好みにも合う着こなしが、薄手のデニムガウチョパンツにトラッドなチルデンニットをコーディネートしたほんのりとトラッド感の漂うおしゃれなレディースファッションなんです。

パンツはふんわりと広がり感のあるシルエットなので、ロングスカート感覚でおしゃれに穿きこなせますよ。

靴は黒のポインテッドトゥパンプスでレディライクにまとめましょう。

デニムガウチョ×レースワンピースコーデ
デニムガウチョ×レースワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×レースワンピース

2021年春もますます人気が加速しそうなのは、おしゃれな大人女性がこぞって着こなしに取り入れているレイヤードファッション。

精細な透け感のあるレースキャミソールワンピースに、カジュアルなデニムガウチョパンツを重ね着したコーディネートは、街でも周囲の視線を独り占めすること確実です。

インナーは、薄過ぎず濃過ぎないミディアムグレーのトップスがベストな選択。

デニムガウチョパンツ×カーキブラウスコーデ
デニムガウチョパンツ×カーキブラウス
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×カーキブラウス

春と言えば、やはり真っ先に手が伸びるのはクリーンなムードたっぷりなライトカラーのボトムスですよね。

中でも今シーズンは、ハイウエストデザインでスタイルアップも叶うベージュのデニムガウチョパンツにご注目を。

トップスは、クラシカルな襟のデザインが目を引くおしゃれなカーキのシャツブラウスをセレクトして、きれいめなレディースコーディネートにシフトさせるのが大人女性流の着こなしセオリーですよ。

デニムガウチョ×レイヤード風ジャケットコーデ
デニムガウチョ×レイヤード風ジャケット
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×レイヤード風ジャケット

数あるデニムガウチョパンツの中でも、大人っぽいクールなレディースコーディネートを目指すなら、やはりブラック系のアイテムを選ぶのが正解です。

シャツやニットで着こなしてもおしゃれですが、こんなデニムジャケット&ブルゾンをレイヤードしたように見えるアウター合わせなら、さらにワンランク上の仕上がりに。

靴は重めなデニムガウチョパンツの印象を和らげる、黒のヒールパンプスで華奢にまとめましょう。

ベージュデニムガウチョ×ブルゾンコーデ
ベージュデニムガウチョ×ブルゾン
出典:https://wear.jp/(外部リンク)ベージュデニムガウチョ×ブルゾン

着丈が長いデニムガウチョパンツは、ダークカラーのアイテムだと低身長さんには重心が下がって見えやすいデメリットも。

ベージュのハイウエストデザインの一着で、スニーカー合わせもサマになるおしゃれなきれいめマリン風コーディネートを完成させましょう。

ロングヘアの人なら画像のようにラフにひとつ結びにすると、さらに春らしく軽やかなレディースの着こなしに。

夏のおしゃれなデニムガウチョパンツコーデ

デニムガウチョパンツ×刺繍ブラウスコーデ
デニムガウチョパンツ×刺繍ブラウス
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×刺繍ブラウス

どんなトップスにも合うコーディネートのしやすさで人気のデニムガウチョパンツですが、真夏には暑いのでは?そんな風に思っている人も、マキシスカート感覚でさらっと穿きこなせる一着なら心配無用ですよ。

ウエストには細かなギャザーが施され、お腹周りが気になる大人女性でもさりげなく体型をカモフラージュできる点も高ポイントですね。

トップスにほんのりとエスニックな刺繍入りブラウスをセレクトしたら、オレンジのヒール靴で夏らしい差し色をプラスしましょう。

デニムガウチョ×シャツワンピースコーデ
デニムガウチョ×シャツワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×シャツワンピース

真夏のガウチョパンツコーディネートは、着るだけでおしゃれ見えするホワイト〜ベージュのグラデーションのレディースの着こなしにおまかせ。

さらに上からベージュのプリーツシャツワンピースを無造作に羽織って、都会が似合うリゾートライクなきれいめカジュアルファッションを完成させましょう。

靴はデニムガウチョパンツの脚長効果をさらに高める、ベージュの厚底サンダルで決まりです。

デニムガウチョパンツ×水色Tシャツコーデ
デニムガウチョパンツ×水色Tシャツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×水色Tシャツ

足首の覗く軽快な着丈のデニムガウチョパンツは、カットワークが効いたTシャツ合わせでさらに夏らしいおしゃれな着こなしにアップグレードしましょう。

靴とハットは、コーディネートのナチュラルな雰囲気に合うベージュのアイテムが◎。

カジュアルながらきれいめなニュアンスたっぷりなコーディネートは、夏の旅行シーンでも映えるはずですよ。

デニムガウチョパンツ×黄色ブラウスコーデ
デニムガウチョパンツ×黄色ブラウス
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×黄色ブラウス

彼とのデートシーンには、カジュアルなデニムのレディースコーディネートでも、ちょっぴりきれいめなムードを意識したいもの。

それなら、ノンウォッシュのデニムガウチョパンツに、2021年のトレンドカラーでもあるマスタードイエローのボリューム袖ブラウスを組み合わせてみてはいかがでしょうか。

バッグは、レザーのハンドルが高級感のあるカゴバッグがベストチョイスですよ。

デニムガウチョパンツ×レーストップスコーデ
デニムガウチョパンツ×レーストップス
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×レーストップス

シンプルなグレータンクトップ+ライトブルーのデニムガウチョパンツのレディースコーディネートがちょっぴりラフに感じたら、上からレース素材のノースリーブブラウスをさらりと重ね着するのがおすすめ。

レースならではの甘さとカジュアルなデニムガウチョが程よく調和して、大人女性にジャストな夏コーディネートが完成しますよ。

靴は、あえて黒のスポーツサンダルでラフにハズすのが◎。

秋のおしゃれなデニムガウチョパンツコーデ

デニムガウチョ×ボーダーTシャツコーデ
デニムガウチョ×ボーダーTシャツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×ボーダーTシャツ

一見シンプルなボーダーTシャツの着こなしなのに、なぜが大人可愛い印象なのは、ボトムスがレディースのデニムガウチョパンツだからこそですよ。

さらに黒のベレー帽で2021秋らしいトレンド要素を加えつつ、赤のバッグでコーディネート全体を華やかに彩りましょう。

やり過ぎ感のないおしゃれは、園のママ友からも好印象間違いなしですよ。

デニムガウチョパンツ×青カーディガンコーデ
デニムガウチョパンツ×青カーディガン
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×青カーディガン

秋でも、ミルキーな色合いのレディースコーディネートが注目されそうな2021年。

人気のライトベージュのスウェットには、広がり感がおしゃれな同系色のデニムガウチョパンツが好相性です。

ぼんやりとした印象にならないよう、ブルーのニットカーディガンをさりげなく肩がけして、上半身にアクセントを加えた点も◎ですね。

デニムガウチョ×フリンジカーディガンコーデ
デニムガウチョ×フリンジカーディガン
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×フリンジカーディガン

雨が降ると、秋でも意外に冷え込んで寒くなることも多いもの。

今までレギンスを合わせることが多かった白ロングシャツワンピースとフリンジカーディガンの着こなしも、トレンドのレディースデニムガウチョパンツ+レインブーツをコーディネートして、おしゃれ感と機能性を両立させましょう。

バッグは、大人女性らしい黒の巾着バッグで軽やかにまとめるのが◎。

デニムガウチョ×ピンクカーディガンコーデ
デニムガウチョ×ピンクカーディガン
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×ピンクカーディガン

ボーイッシュなウォッシュの効いたデニムガウチョパンツこそ、顔映りのいいライトピンクのカーディガンでフェミニンにコーディネートするのが2021年秋流のレディースファッションなんです。

とはいえ程よいラフさは残したいので、インナーは白のゆるめのカットソーで抜け感を出すのが正解ですよ。

デニムガウチョ×シャツジャケットコーデ
デニムガウチョ×シャツジャケット
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×シャツジャケット

まろやかなベージュ系グラデーションコーディネートは、少し空気のひんやりする秋らしい日にぜひ身に付けたい着こなし。

ポイントになるのは、体がゆったりと泳ぐベージュのデニムガウチョパンツのシルエット。

ボトムスにボリュームがあるぶん、上半身はジャストサイズのプリントTシャツ&ベージュシャツジャケットで大人らしくスマートに仕上げましょう。

冬のおしゃれなデニムガウチョパンツコーデ

デニムガウチョパンツ×ムートンコートコーデ
デニムガウチョパンツ×ムートンコート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×ムートンコート

一気に冷え込んだ冬らしい日は、レギンスなどを重ねばきしても響かない、レディースのデニムガウチョパンツが防寒対策にも大活躍。

アウターも暖かなムートン風のロングコートをチョイスして、子供の公園遊びの付き添いにもOKなコーディネートを完成させましょう。

コーディネートがボーイッシュなので、インナーのニットはきれいなライトグリーンのアイテムで女性らしさもしっかりと意識しましょう。

デニムガウチョパンツ×ネイビーコートコーデ
デニムガウチョパンツ×ネイビーコート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×ネイビーコート

大人っぽいダークネイビーのロングコートにパンツをコーディネートする場合は、全身が暗くならないようライトグレーなど明るめカラーのデニムガウチョを選ぶのが冬のおしゃれセオリーなんです。

さらにぬくもり感たっぷりなニットキャップやチェック柄マフラーなど冬ならではの小物類を着こなしにプラスして、レディースファッションのシーズンムードをより盛り上げて。

デニムガウチョ×黒ハイネックニットコーデ
デニムガウチョ×黒ハイネックニット
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×黒ハイネックニット

小さい子供のいるママの場合、朝は時間がなくて身支度にもバタバタしがちですよね。

そんな時も、万能なコーディネート力を誇るおしゃれなレディースのデニムガウチョパンツさえあれば安心。

シンプルな黒ニット+ボアコートを組み合わせるだけで2021年冬らしい着こなしが完成するので、つい毎日のように手に取りたくはるはずですよ。

デニムガウチョ×チェック柄マフラーコーデ
デニムガウチョ×チェック柄マフラー
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョ×チェック柄マフラー

ご近所のカフェでママ友とお茶をする約束をしているなら、スタイリッシュ過ぎない親しみやすいおしゃれがマスト。

例えば冬に映える白のハイネックニット&ネイビーデニムガウチョパンツのレディースコーディネートに、トラッドなチェック柄マフラーで差し色を加えた着こなしはいかがでしょうか。

仕上げにファー素材の巾着バッグで、ほんのりと大人女性ならではの遊び心を漂わせて完成です。

デニムガウチョパンツ×白アウターコーデ
デニムガウチョパンツ×グレーアウター
出典:https://wear.jp/(外部リンク)デニムガウチョパンツ×グレーアウター

3月も目前の2月下旬に入ったら、そろそろデニムガウチョパンツの着こなしも少しずつ春仕様にシフトさせましょう。

例えば合わせるレディーストップスも、ダークカラーのお洋服からフェミニンなライトパープルのニットにチェンジして。

アウターには白のフード付きアウターをセレクトして、温かさとおしゃれ感を両立させた大人コーディネートを完成させてみてはいかがでしょうか。

きれいめなデニムガウチョパンツコーデまとめ

いかがでしたか?ラフになり過ぎない、大人女性にちょうどいいきれいめカジュアルなデニムガウチョパンツのレディースコーディネートを詳しくご紹介してきました。

ぜひ2021年おしゃれさんたちが取り入れているデニムガウチョパンツをいち早く着こなして、ライバルたちよりも一歩リードしてしまいましょう。

元記事で読む