1. トップ
  2. <エージェントーク>カンニング竹山、ケンコバら5人のお笑い芸人が、“話術”で“大金”を得るため奮闘

<エージェントーク>カンニング竹山、ケンコバら5人のお笑い芸人が、“話術”で“大金”を得るため奮闘

  • 2021.2.9
  • 732 views
カンニング竹山、ケンドーコバヤシ、さらば青春の光・森田哲矢、パンサー・尾形貴弘、ニューヨーク・屋敷裕政 (C)フジテレビ
カンニング竹山、ケンドーコバヤシ、さらば青春の光・森田哲矢、パンサー・尾形貴弘、ニューヨーク・屋敷裕政 (C)フジテレビ

【写真を見る】依頼人の前でトークをするカンニング竹山

2月10日(水)、17日(水)の2週にわたって放送する「エージェントーク」(深夜0:30-0:55、フジテレビ※関東ローカル)は、誰もが持っている“日常で起こった悲しく切ないけど笑える話”をお金に換金するため、一般人がお笑い芸人と“エージェント契約”を結び、その“話”をパトロンに購入してもらい大金を手にするという番組。

パトロンとして登場したのは、年商180億円、美容室「EARTH」を経営する「株式会社アースホールディングス」取締役・山下誠司と、4日間で5億円稼いだという元伝説のキャバクラ嬢で現在はエステサロンなどを経営する「株式会社エンリケ空間」社長・エンリケ、そして、YouTubeチャンネル総再生回数1億3000万回を超え、納税額は1億円以上のSNS世代の億万長者ミュージシャン・t-Aceの3人。

3人のパトロンに挑む“エージェント”のお笑い芸人5人

エピソードを持つ一般人は、AランクからCランクのエージェントのお笑い芸人の中から、誰に話してほしいかを選ぶことができる。ランクは、それぞれのトークのレベルで分けられているので、Aランクのエージェントの場合は85%、Bランクは50%、Cランクは15%を取り分として持っていかれる仕組みになっている。

今回、エージェントを務める5人のお笑い芸人は、Aランクをカンニング竹山とケンドーコバヤシ、Bランクをニューヨーク・屋敷裕政とさらば青春の光・森田哲矢、そしてCランクをパンサー・尾形貴弘。

コロナ禍とSNSでの情報に翻弄(ほんろう)されたラーメン店店主や、幼少期に経験した貧乏生活から自力で脱出したサラリーマン、実家の母のトンデモ行動にショックを受けた主婦などが持ち込んだ話をエージェントが“話術”を駆使し、パトロンに買わせるため奮闘する。

元伝説のキャバクラ嬢・エンリケ (C)フジテレビ
元伝説のキャバクラ嬢・エンリケ (C)フジテレビ

エンリケ コメント

――収録の感想は?

楽しかったです。めっちゃ、笑っちゃいました。ライブを見ているようなぜいたくな空間で、感動したし勉強にもなりました。話の内容についてもリアルで、自分の経験と重ねて共感する部分もありました。

――どのエージェントのトークが印象的でしたか?

それぞれ面白かったのですが、ベテランの竹山さんは慣れているトークが素晴らしかったし、体を張った尾形さんも面白かったです。でも、私のタイプでもあったケンコバさんが一番良かったかな。

――ポケットマネーをだいぶ使ってしまったのでは?

本当はこんなに使う予定はなかったんです。でも結果使ってしまいましたね(笑)。エージェントの話術がすごかったから、もっと出してもいいと思ったくらいです。私にとってお金とは、自分のために使いたいもので他人には使いたくないものなのですが、今回初めて“人のためにお金を使いたくなった”という気持ちになりました。

――次回、この企画が実現したら聞いてみたいエージェントは?

フットボールアワーの後藤さんはいかがでしょう。苦労話も楽しく話してくれそうですよね。

元記事で読む
の記事をもっとみる