1. トップ
  2. 綾瀬はるか“日高”と高橋一生“彩子”がホテルで密会…「2人仲良く地獄行き」を誓いトレンド入り<天国と地獄>

綾瀬はるか“日高”と高橋一生“彩子”がホテルで密会…「2人仲良く地獄行き」を誓いトレンド入り<天国と地獄>

  • 2021.2.8
  • 1680 views

綾瀬はるか主演、高橋一生、柄本佑、北村一輝らが出演する日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第4話が2月7日(日)に放送され、先の読めない謎多き展開が話題を呼び、Twitterのトレンド入りを果たした。

【写真を見る】足の開き具合も男性のよう…魂が入れ替わった2人の演技にも注目の「天国と地獄 〜サイコな2人〜」

刑事・望月彩子(綾瀬はるか)の魂が、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)と入れ替わっているが、彩子はなぜ日高がそこまで人を殺すような人物になってしまったのかに興味を持ち始めている。(以下、ネタばれが含まれます)

演技も脚本も! ドラマ好きをうならせる今作

ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」は、努力家で正義感が強く、慌てん坊な警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子(綾瀬)と、若くしてベンチャーを立ち上げたやり手の経営者で、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わってしまう、“スイッチエンターテインメント”。

入れ替わった2人の完璧なまでの男女逆転演技や、綾瀬はるかの「入浴シーン」や「可愛いエプロン姿」なども視聴者を楽しませているが、一番はやはり、日高がなぜ殺人鬼となってしまったのかという謎に注目が集まっている。

第4話では、彩子と日高の関係性に何かつながりがあることを悟った河原(北村一輝)の不当な捜査を、彩子と日高が協力して暴くという計画が実行された。

彩子が日高の胸ぐらをつかみ、覚悟の「地獄行き」を宣言

彩子は、日高が新たな殺人を犯すのを絶対に食い止めなければいけないという使命感を抱く。2人は“秘密厳守”を維持してくれるというホテルのスパの一室で密会した。彩子は日高に「もう誰も殺さないって誓って」と胸ぐらをつかんで強く言い放った。

「望月彩子も殺人犯ですよ、親兄弟はいいんですか」など揺さぶりをかけられた彩子だったが警官の職務を優先し「この際、2人仲良く地獄行きといきましょうよ」と声を荒げた。日高は彩子の思いを感じ取ったのか、少し表情を変えて「だから、あなただったんですか。そうか、だから私はあなたと入れ替わったんですよ」と謎の微笑みを浮かべた。

覚悟を決めた彩子を演じる高橋一生の迫力と、心の読めない日高を女性の見た目で演じる綾瀬はるかの怪しい魅力は回を重ねるたびに増しており、視聴者も「なんか彩子、日高を理解しようとしてきてる?」「綾瀬さん今少し笑ってた、嬉しそうに見えたんだけどなんだろう」など、ドラマの世界を楽しみながらSNSで感想を書き込んでいる。

次回、日高を訪ねて陸がやって来る

次週、第5話は2月14日(日)に放送される。(※あらすじ<>内は入れ替わった後の人物名)

彩子は日高という人間がわからなくなっていた。彼の評判はサイコ・キラーとは程遠いものばかり。もしかして彼は誰かを守るために殺人を犯しているのか? それとも、そもそも犯人ではないのか──と考える。

そんな日高<彩子>を訪ねて、陸(柄本佑)が突然やって来た。陸は彩子<日高>の最近の行動を不審に思い、偶然見てしまった彼女が利用しているコインロッカーが気になり、中を勝手に調べたところ、日高宛の手紙を見つけたため会いに来たという。

同じ頃、コ・アース社は大騒ぎになっていた。警察が公表していない情報がSNS上に拡散され、ネガティブキャンペーンが巻き起こっていたのだ。捜査情報を漏洩したのは一体誰なのか。

一方、強引かつ不当な捜査が上司にバレて第一線からはずされていた河原は、相変わらず彩子と日高のつながりを疑っていた。そのつながりを調べる過程で、ある漫画のキャラクターに行きつく。

元記事で読む
の記事をもっとみる