1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らしを見直そう!《家具の配置&レイアウト変更》で快適な暮らしをGET

暮らしを見直そう!《家具の配置&レイアウト変更》で快適な暮らしをGET

  • 2021.2.8
  • 12210 views

快適な暮らしは配置&レイアウトが大切

新型コロナウイルスの影響により、生活様式がガラッと変わったという方も多いですよね。以前よりも自宅で過ごす時間が増えたからこそ、もっと素敵な空間をつくりたいですよね。

そこで今回は快適な暮らしが手に入る家具の配置やレイアウト実例を紹介させていただきます。部屋が広く見えるポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

部屋が広く見えるレイアウト

ソファを壁につける

キッチンからリビングが一直線になっていて、料理をしながら家族の姿が見られるようになっています。

ソファが壁にぴったりくっついているので部屋に圧迫感を感じさせず部屋が広く、すっきりして見えますね。

空間を広く使えるように配置する

こちらのリビングでもソファを壁につけて配置されています。

コンパクトなソファでもやはり場所を取るので、どの向きに配置するかによって印象が変わってきます。

真ん中のスペースが空くので、その分部屋を広く使えますね。

ソファの向きを変える

リビングはソファの位置でガラッと雰囲気が変わりますよね。

こちらのリビングは、テレビに対してソファの位置が平行ではなく垂直になるようにレイアウトされています。大きな家具が壁側にあるので、部屋が広く見えますね。

明るい色の家具や小物を選ぶ

こちらのリビングはテレビボードやリビングテーブルが置かれていない分、さらに部屋が広く見えますね。

テレビボードやリビングテーブルなど家具を減らすことですっきり見えますが、家具の色によっても雰囲気が変わります。

明るい色のカーテンやソファ、ラグは圧迫感を与えません。

ダイニングが素敵になるレイアウト

間仕切りをして空間を分ける

リビングとダイニングの間のスペースにガラスのキャビネットを置き、空間を間仕切りされています。

このようなレイアウトはなかなか見かけませんが、圧迫感を与えずに空間を間仕切りできるので素敵ですね。

ダイニングテーブルの向きを変える

キッチン前にダイニングテーブルを置く配置は、カフェのような雰囲気が出るので素敵ですね。

ダイニングで料理をしながら家族の様子が見られるところがGOOD。ダイニングテーブルの向きによっても雰囲気が変わります。

動線がスムーズになるように配置する

キッチンとダイニングが横並びになったレイアウトも、とても素敵です。キッチンで作った料理を運びやすいですし片付けもしやすそうですね。

キッチンに立っていても家族との距離が近いところも魅力ですね。

暮らしやすくなるレイアウト

ソファを対面式にする

ソファ2台を向き合うように配置されたこちらのリビングは、海外のような雰囲気が漂っていてとても素敵ですね。

これなら家族みんながソファでゆったり寛げそうです。スペースに余裕がある場合には、このような配置もおすすめ。

ワークスペースを確保する

最近は自宅で仕事をされている方も増えていますよね。リビングから近い場所にワークスペースを確保されています。

家族の様子をすぐ見られる場所ながらも、前が壁になっていて独立したような雰囲気もあって素敵です。

ソファ後ろにデスクを確保する

ソファの後ろにデスクを置き、ワークスペースを確保するというアイデアも素敵ですね。

仕事だけではなく家事をしたり、書き物をしたりメイクをしたり・・といろいろな使い方ができそうです。海外のような雰囲気がとても素敵ですね。

素敵なインテリアを参考にレイアウト

今回は素敵なインテリアのレイアウト実例紹介をさせていただきました。家具をどのように配置するかによって、部屋が広く見えたり狭く見えたり印象がガラッと変わります。

最近は自宅で仕事をされている方も増えているので、生活様式に合わせてレイアウトを変えたりして暮らしやすいお家をつくっていきましょう。

元記事で読む