1. トップ
  2. 結木滉星、「主夫メゾン」で“新人主夫”に!「男女問わず、見終わった後に前向きになれる作品です」

結木滉星、「主夫メゾン」で“新人主夫”に!「男女問わず、見終わった後に前向きになれる作品です」

  • 2021.2.7
  • 271 views

俳優の結木滉星が、動画配信プラットフォーム「TELASA」初のオリジナルドラマ「主夫メゾン」(全6話/第1&2話は2月26日正午配信開始、第3話以降は毎週金曜に1話ずつ配信※第1話は無料)に出演する。妻が働き、夫が家事を一手に引き受ける“専業主夫家庭”限定のマンションで、稲葉友、奥野壮、磯村勇斗、瀬戸利樹とともに理想の主夫像を演じる。

【写真を見る】「主夫メゾン」仮面ライダー&スーパー戦隊出身の5人の出演者たち

軽い気持ちで専業主夫に…第1話あらすじ

「主夫メゾン」は、5人の“主夫”が容赦なく降りかかってくる夫婦間の危機をそれぞれのやり方で乗り越え、新たな発見をしていく日々をオムニバス形式で描く“再発見ラブコメディー”。

東京・渋谷の一等地にある“専業主夫家庭限定”のお洒落なマンション「メゾン・ド・オット」。2LDKで家賃5万円というこのマンションに住むため、よく考えもせず勢いで“主夫”になった神谷リク(結木)をはじめ5組のカップルの日々を描く。

結木をはじめ各エピソードの主役を務める5人はいずれも「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズなどテレビ朝日特撮枠ドラマ経験者。第1話では、リク(結木)のエピソードが描かれる。

リクと一果の共働き夫婦は、引っ越しを考え不動産業者へ。だが、リクがいいと思う物件は、シビアな経済観念を持つ一果の壁をクリアできずにいた。そんな2人に、不動産業者はビックリするほど超好条件のマンションを提示する。だが、なんとそこは専業主夫家庭限定のマンション。

リクは軽い気持ちで主夫になることを決意。引っ越し直後から、意気揚々と主夫業に勤しむ。ところが日を増すごとに、中途半端な考え方ではちゃんとこなせるはずがない“主夫業の落とし穴”にハマっていくリク。仕事で疲れて帰ってくる一果との関係も、次第にギスギスし始める。

結木滉星「『自分もまた頑張ってみよう!』と前向きになれる作品」

リクを演じる結木は2018年、スーパー戦隊シリーズの第42作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)の朝加圭一郎/パトレン1号役でドラマ初主演。2020年、ABEMAオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」やTBS系の連続ドラマ「危険なビーナス」でカギとなる人物を演じ、注目を集めた。

2021年はドラマ「ミヤコが京都にやって来た!」(ABCテレビほか)に出演。雑誌「smart」の専属モデルとしても活躍するほか、永野芽郁と共演する「カルピスウォーター」のCMも好評で、雑誌「CMNOW」の「読者の選ぶCM大賞2020」男性タレント部門では、菅田将暉、吉沢亮に続き第3位に選ばれた。

「主夫メゾン」について結木は「男女問わず、見終わった後になんだか幸せな気持ちになって、『自分もまた頑張ってみよう!』と前向きになれる作品。台本を読んだ時から、早く撮影したいなと心待ちにしていました」と気合十分。「このドラマ、特に男性は見た方がいいと思います! まだ結婚していない人でも、親に感謝できると思うし、結婚している人だと奥さんに感謝できるな、と。“当たり前のことに感謝する”ということに気づかされると思うので、ぜひ見てほしいです」とアピールする。

5組のカップルのてんやわんやを毎回フィーチャーしながら、軽快な笑いとほっこりする夫婦愛にあふれたドラマを展開する本作。大川武宏プロデューサーは「結婚したら家事は誰がやるのか? 付き合っている時は男女共に避ける話題だと思います。本作の舞台『主夫世帯限定マンション』に住む5組の家庭。妻が働いている間に夫は何をしているのか? そんなのぞき見するようなドキドキとワクワクをまずは楽しんでください!」と本作の見どころをコメントする。

結木滉星(神谷リク役)役柄&コメント全文

イケメンで優しく、おまけに浮気癖もなくて誠実! …だけど、軽はずみなところのある新人主夫。主夫家庭限定マンション「メゾン・ド・オット」に引っ越すにあたり、人の顔色をうかがいながら働くよりも、家で家事をしていた方が楽だろう…と、軽い気持ちで主夫になる。ところが実際にやってみると、分からないことや出来ないことだらけ! 主夫生活の大変さを、身をもって学ぶことになる。

「『主夫メゾン』は男女問わず、見終わった後になんだか幸せな気持ちになって、『自分もまた頑張ってみよう!』と前向きになれる作品。台本を読んだ時から、早く撮影したいなと心待ちにしていました。

しかも、主夫を演じる皆さんとは全員初共演! その点でも、とても楽しみにしていました。いざ撮影に入ると、僕も含め5人とも特撮ドラマ出身ということもあって、何か通じるものを感じましたね!

僕が演じるリクは、イマドキの普通の男子。何か特別な取り柄があるわけではないけれど、素直でピュアな部分が自分でも気づかないうちに、いろんな人に影響を与えていく――そこがリクならではの魅力だと思います。実は僕自身、既婚者の役は初めてで、結婚指輪をはめるのも初めて! 最初は違和感がありましたが、今は素直に新鮮な気持ちで“幸せ者のリク”を演じています。

このドラマ、特に男性は見た方がいいと思います! まだ結婚していない人でも、親に感謝できると思うし、結婚している人だと奥さんに感謝できるな、と。“当たり前のことに感謝する”ということに気づか されると思うので、ぜひ見てほしいです」

元記事で読む