1. トップ
  2. 長谷川博己、明智光秀を生きた約18カ月は“一生の宝物”「なぜ、光秀は『本能寺の変』に至ったのか…」

長谷川博己、明智光秀を生きた約18カ月は“一生の宝物”「なぜ、光秀は『本能寺の変』に至ったのか…」

  • 2021.2.7
  • 182 views
本能寺へと向かう光秀(長谷川博己)の元へ麒麟はくるのか… (C)NHK
本能寺へと向かう光秀(長谷川博己)の元へ麒麟はくるのか… (C)NHK

【写真を見る】いよいよ本能寺へ…家臣たちを鼓舞する光秀(長谷川博己)

2月7日(日)に最終回を迎える大河ドラマ「麒麟がくる」(夜8:00-9:00ほか、NHK総合ほか)。主人公の明智光秀を演じる長谷川博己が、これまでの撮影の振り返りや、第44回「本能寺の変」の見どころなどを語った。

長谷川は、これまでの撮影を振り返り「大河ドラマで主演を演じたことは、かけがえのないとても貴重な経験となりました。最初は、一年以上という先の見えない長い道のりに対しての恐れからか、悲観することもありましたが、スタッフや共演者のみなさんの支えもあり、無事に撮影を終えることができました。明智光秀を生きたこの約18か月という期間は、一生の宝物になりました。新型コロナウィルスの影響で撮影が一時中断したことは、光秀を演じる上で、もしかするとひとつの転換点になったのかもしれません」と明かした。

光秀(長谷川博己)を激しく恫喝する信長(染谷将太) (C)NHK
光秀(長谷川博己)を激しく恫喝する信長(染谷将太) (C)NHK

また、長谷川は「私はドラマは、視聴者のみなさんにどこかでその作品の『現代性』を感じていただきたいと思っています。撮影現場での緊張感や、張り詰めた空気が、役にも作品にも結果的にいろいろな意味での影響を及ぼしたのではないかと思います」と撮影を振り返り、

続けて、長谷川は自身の役どころなどを「明智光秀は、孔子の言う『義』の人であったと思います。それは光秀を演じる上で、最後まで一貫して崩してはならないと思っておりました。世のため、民のため、平らかな世を目指し貫き通した男だと思います。また、今作での信長は、承認欲求への激しさや両親や兄弟との確執など、どこか人間臭さがあります。人間の持つ負の要素に共感しやすいと思えました。そういう意味でも、どこか現代人に通じるものがありましたし、視聴者のみなさんが投影しやすいところがあったのではないかと思います」と語った。

刀を抜く光秀(長谷川博己)鋭い眼光の先に見たものは… (C)NHK
刀を抜く光秀(長谷川博己)鋭い眼光の先に見たものは… (C)NHK

長谷川博己「心の機微を感じ取っていただけたらうれしいです」

これまでの撮影を振り返り、数々の出演者との共演を長谷川は「今回、『麒麟がくる』に出演されているほとんどの役者さんたちとご一緒することができました。どれも貴重な体験で、実に多種多様な組み立て方、演じ方があるなと、多くのものを吸収させていただきました。いわば明智光秀は、さまざまなキャラクターから刺激を受けて作られていった集合体だったと言っても過言ではありません」と明かした。

そして、最終回の見どころを長谷川は「最終回では、みなさんが期待してくださっている『本能寺の変』が描かれます。この作品の中で新しい明智光秀を描いてきましたが、『本能寺の変』に関してもこれまでにない新しいものになるのではないでしょうか。なぜ、光秀は『本能寺の変』に至ったのか。見てくださる皆様に、その心の機微を感じ取っていただけたらうれしいです」と見どころを語った。

さらに、制作統括の落合将も最終回の見どころのコメントを寄せた。落合は「いよいよ本日、『麒麟がくる』最終回『本能寺の変』が放送されます!長かった明智十兵衛光秀の旅も、ついに終着点を迎えます。『大きな国』を求めて、ときに親友のように、ときに兄弟のように二人三脚で歩んできた光秀と信長のコンビが、麒麟を求めて歩み切った道の果てに見たものは、いったい何だったのか?光秀は一体どんな選択をするのか。すべての謎が本日の放送で解き明かされます!固唾をのんで、是非ご覧ください!」とアピールした。

第44回「本能寺の変」(2月7日[日]放送)のあらすじ

信長(染谷将太)から“究極の命令”を下される光秀(長谷川博己) (C)NHK
信長(染谷将太)から“究極の命令”を下される光秀(長谷川博己) (C)NHK

宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀は信長から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。

追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめる光秀に、「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と信長は冷たく言い放つ。そしてついに、ある究極の命令を光秀に突き付けたのだった。

元記事で読む
の記事をもっとみる