1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト直伝“太って見えないコートの着こなし” ダウンやボアなどタイプ別に解説

スタイリスト直伝“太って見えないコートの着こなし” ダウンやボアなどタイプ別に解説

  • 2021.2.6
  • 1141 views
タイプ別!太って見えないコートの着こなし イラスト=角佑宇子 width=
タイプ別!太って見えないコートの着こなし イラスト=角佑宇子

厳しい寒さの続く真冬時期。冬の寒さは身に染みますが、その分さまざまなファッションアイテムをたくさん身につけられてオシャレが楽しくなりますよね。しかし一方で気をつけたいのが着膨れ。インナーのニットが分厚くてモコモコしていたり、アウターのシルエットが体型に合わなくて太って見えたりしてしまうのはなんとか避けたいところ! そこで今回は、太って見えないコートの着こなしテクニックをコートのタイプ別にご紹介します。(文・イラスト=角佑宇子)

■着膨れを起こすボアコートは?

一昨年から人気の続くボアコート。見た目のふわふわとした素材感と使い勝手の良さからトレンド入りしていますが、予想通り着膨れしやすいアウターです。しかもボアコートは商品にもよりますが、見た目に反して割と通気性があるため防寒に適しているとは言いにくいアイテム。そのためインナーやニットをたくさん着込んでしまい結果、着膨れを起こす傾向にあります。


そんなボアコートを使った着痩せコーデの鉄板はやはりトップスもボトムスもブラックでまとめたモノトーンコーデ。ボトムスは細身のパンツですらっとしたシルエットを意識してスタイリングすると良いですね。インナーはできるだけハイゲージのタートルネックを選んで首元までしっかり暖めましょう。さらにセーターのインナーには吸湿発熱加工の着圧インナーを仕込むと暖かさを保持できます。

■リバーコートはスマートに着こなそう

2枚の生地を1枚に縫い合わせて作られたリバーコートは今季、大人の女性に人気の冬アウターです。見た目もシルエットもキレイめな印象を与えることができるので、アウターの中でも着痩せ効果の高いコートではあります。

しかし、リバーコートの多くは裾がふわりと広がるAラインシルエットでかつロング丈のデザインが主流。身長がそこまで高くない方にとってはコートに着られているようなシルエットに見えがち。


そんなリバーコートをスマートに着こなすならインナーはウエストマークのあるワンピースがオススメ。トップスとボトムスで切り替えがあると脚の長さに目が行くので、インナーは上半身と下半身の境目を感じさせないワンピース・オールインワンタイプでスッキリ見せをすることで着膨れを防止させます。

■ダウンコートは“ボトムスの揺れ感”がカギ

真冬の王道アウターといえばやはりダウン。しかし、もっとも着膨れやすいアウターといっても過言ではありません。ダウンコートはロング丈のほうが防寒効果は高いですが、場合によって野暮見え・着膨れ見えを誘発させるので気をつけたいですね。


そんなロング丈のダウンコートを取り入れる際は、組み合わせるボトムスを揺れ感の美しい素材のものにするのがオススメ。全体的に重たくなりがちなダウンの裾から、ゆらりと揺れるボトムスがチラ見えするだけで見た目の軽やかさが感じられます。スカートやワンピースは長すぎないミモレ丈が好バランス。

■インナー選びが着膨れ防止のコツ!

今回はアウターに組み合わせるトップスやボトムスをお伝えしましたが、何よりも重要なのは重ね着しているように見えないことです。

レイヤードを見せる着こなしでない場合、重ね着はミニマルかつスマートさを意識しましょう。そのためには機能性に優れた温感インナーやタイツが必須。そのほか、保温性に優れたシルク素材のスカーフ、耳元まで暖かいバケットハットなど小物も駆使すると良いでしょう。ぜひこれらのポイントを意識してオシャレな冬コーデを楽しんでみてくださいね。

元記事で読む