1. トップ
  2. ファッション
  3. 春らしさを花で添えて!パッと目を惹くお花を飾ったインテリア

春らしさを花で添えて!パッと目を惹くお花を飾ったインテリア

  • 2021.2.6
  • 5008 views

春らしさを花で取り入れよう

春らしいインテリアには、花のディスプレイが必要不可欠。より春らしい花を飾って、華やかなインテリアに仕上げたいものですね。

そこで今回は、花を飾った春らしいワンショットをご紹介します。キッチンやリビングなど、それぞれ場所やテイストはバラバラですが、どの実例もおしゃれで素敵なものばかりですよ。

春らしいお部屋のワンショット!花が目を惹くインテリア10選

ピンクの差し色が春らしい

最初にご紹介する春を感じるインテリアは、カントリー風の賑やかなキッチン。

小物一つ一つが可愛らしい印象ですが、全体のテイストにブレがないのでまとまりのある空間に仕上がっています。

テーブルクロスのブルーやグリーンなども目を惹きますが、窓際のピンクの花がパッと目を惹きます。春らしい雰囲気を演出してくれていますね。

鮮やかな花をディスプレイ

春ならではの季節の花は、色や形の違うものを組み合わせて飾るのがおすすめです。

ですが、花にも相性があるので、チグハグな印象にならないように、バランスをみて組み合わせましょう。

こちらの実例は、ディスプレイスペースを花専用にアレンジしたものです。アクセントクロスとの相性が良い感じ。

桜が玄関でお出迎え

春といえば桜をイメージする人が多いことでしょう。華やかで目を惹く桜は、春のインテリアにはピッタリのアイテムです。

こちらの実例では、玄関に桜を飾って華やかに仕上げたもの。

一緒にシンプルなグリーンなどを並べても、メリハリが出るのでおすすめですよ。

枝物の新芽が春を告げる

シンプルでおしゃれな枝物はインテリアディスプレイとして人気のあるアイテムです。

こちらはそんな枝物に新芽が登場した春らしいワンショットです。

こまめに水を取り替えたり、適切な手入れをすることで長持ちする枝物は、花が咲くものなら散って新芽が生えてくるまで楽しめるので、とってもおすすめですよ。

日当たりの良い場所にセッティング

爽やかなグリーンは、一つあるだけでも季節感を感じるものです。

日が長くなってくる春先は、明るい窓際にグリーンを設置するのがおすすめです。

グリーンにとっても良い場所ですが、日の光を浴びているグリーンの姿はなんともいえない趣があるもの。春ならではの風景を楽しんでみてくださいね。

ミモザリースをポイントに

春には見かけることの多いミモザは人気のある植物です。細々とした小さな花が可愛らしく、優しい印象が特徴です。

丸く形作ってリースにすれば、季節感満載の春アイテムの完成。

パッと明るい黄色がお部屋のポイントになる素敵なディスプレイです。機会があったら、ぜひトライしてみてくださいね。

キッチンを華やかに

北欧風のおしゃれなキッチンには、春らしさ満載の桜や枝物のグリーンなど、イキイキとした植物がズラリ。

観葉植物や花類は基本的にどんなテイストのインテリアにもよく馴染みます。

こちらの実例のように、春らしい雰囲気を演出するのも良いですね。キッチンのベースになるカラーに合わせて、相性の良いカラーの花を選ぶようにしましょう。

ナチュラル素材の家具が映える

桜などの枝物をメインにする場合には、ナチュラル素材のアイテムと組み合わせるのがおすすめです。

自然のアイテム同士はやはり相性が良く、春らしいインテリアに仕上げるためにも必要不可欠。

こちらの実例はナチュラルな木目が印象的なテーブルに桜の花をあしらったダイニングのワンショットです。

ちょっとしたスペースにも花を

ティータイムやちょっとした作業をするテーブルにも、春らしさをプラスしてみませんか?こちらの実例では、推薦を飾った実例です。

野に咲く草花でも、庭に咲いている花でも、ちょっとした花を飾るだけでパッと華やかな雰囲気になりますよ。春先にはぜひトライしてみてくださいね。

ミモザをたっぷり使ったコーデに

春らしいミモザをたっぷりと使ったリビングコーデは、所々に鮮やかなイエローがちらほら。

テーブルの上には山盛りになったミモザが。ふんわりとした優しい印象のあるミモザは、たっぷりと飾ってもくどく見えないので大胆に使ってもOK。

ボリューミーなディスプレイでも可愛らしく仕上がりますよ。

季節感を感じる花でお部屋に春を呼ぼう!

花を飾った、華やかで素敵なインテリアショットをご紹介しました。春といえばパッと思いつく桜やミモザは、一つ飾るだけでも季節感の出るアイテムです。

それらをうまく活用して、爽やかで暖かい春のイメージに仕上げてみましょう。参考になるショットのコーディネートを真似してトライするのもおすすめですよ。

元記事で読む
の記事をもっとみる