1. トップ
  2. ファッション
  3. ダウンを野暮ったく見せないことに成功した「カラーダウン」コーデ3選

ダウンを野暮ったく見せないことに成功した「カラーダウン」コーデ3選

  • 2021.2.6
  • 1826 views

冬のおしゃれに新鮮なニュアンスを演出したいとき、カラーダウンを取り入れてみてはいかがでしょう。
旬のスポーティーなテイストで、子供っぽくはなくリッチさも十分なコーディネートをチェックして、これからのおしゃれをスタイリッシュにクラスアップさせてみてください。

■1:ソニア・ライソンは…アウトドア系ダウンをこなれた大人のリッチカジュアルに仕上げて

アウター_1
ソールにボリュームがあるロングブーツは、今シーズン主流のデザインです。

インフルエンサーとして活躍中のソニア・ライソンが2020年10月にSNAPされていたときの着こなしです。
肩部分に黒があしらわれたのダウンコートにインには黒タートルを、ボトムにフィット感あるレギンスを合わせていました。
防寒性も高く、人気のアウトドア系のダウンですが、メンズのようなカジュアルになってしまって、上手く着こなせていない場合がほとんど。
彼女のようにジャケットのほかをすべてベーシックなアイテムでまとめて、あえてダウンの存在感を際立たせたほうがスマート見えします。
黒がベースの中、くすみ系のベージュの色味がハイセンスなアクセントにも。
さらにスポーティーさを盛り上げるキャップやブーツ、あえてコンサバな黒バッグでリッチさを加味すれば大成功です。

■2:フェリシア・オーケストロムは…メタリック系カラーはワントーンコーデで上品に着映え

アウター_2
アクセサリー感覚で持てる小さめのバッグを投入。女性らしさが光ります。

スウェーデンでインフルエンサー兼コンテンツクリエーターのフェリシア・オーケストロム。
インにアイボリー系のタートルニットとパンツをワントーンで合わせ、コッパーカラーのダウンを愛用していました。
一見インパクトのある色味ですが、インの着こなしに統一感があって、すっきりとしているので、上品でリッチなムードが漂っています。
ダウンのデザイン自体もヒップ下まで隠れるシンプルなタイプだから、色味に個性があっても派手になりすぎずこなれたリッチさをアピールできます。
ブラウン~アイボリーのグラデーションは、品よくリッチに着映え効果をもたらし、大人の女性が理想とするスタイルを完成。
万能なキャメルやブラウン小物が生き生きと見えるのも、この色味のコーデならではです。

■3:リベルタ・ハキシカドリュウは…冬に華やぐ白のメリハリ配色ならシンプルカジュアルが切れよく軽快に

アウター_3
ニットキャップは実際の身長より高く見えるので、小柄な方がかぶると特に効果大。

ドイツのインフルエンサー、リベルタ・ハキシカドリュウは、白のダウンジャケットをモノトーンでまとめたデニムスタイルに身を包んでいました。
白のダウンジャケットは、インに黒のニットカーディガンと白Tを合わせているので、メリハリが効いた配色になって着映え効果を発揮しています。
黒と白という2カラーだとカジュアルが切れよく軽やかな印象に仕上がって、知的さも演出できます。
白のダウンが着膨れしそうと不安な場合は、黒パンツや黒デニムをコーディネートしてシャープさを強調するのがお約束。
足元はスニーカーでもスポーティーに決まりますが、真冬はブーツインするとスマートさが光るクラスカジュアルが完成します。

カラーダウンを着こなした3人のセレブにスポットを当てました。
カラーを取り入れても、子供っぽくはならずこなれた印象になるインナーの合わせや、どんな色味で着映えられるかをマスターしましょう。

元記事で読む