1. トップ
  2. 安達祐実を囲む演技派女優の“四重奏”が「名シーン!」とトレンド入り<にじいろカルテ>

安達祐実を囲む演技派女優の“四重奏”が「名シーン!」とトレンド入り<にじいろカルテ>

  • 2021.2.5
  • 293 views

高畑充希主演のヒューマン医療ドラマ「にじいろカルテ」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第3話が2月4日(木)に放送され、高畑をはじめ、安達祐実、水野美紀、西田尚美ら4人の女優の演技に称賛の声が相次ぎ、ドラマタイトル「#にじいろカルテ」がTwitterのトレンドランキング入りを果たした。

【写真を見る】演技派女優たちが涙の芝居を繰り広げた

何カ月に一度、記憶がリセットされる雪乃(安達祐実)

同ドラマは、ヒューマンドラマの名手・岡田惠和が脚本を担当。山奥深くの“虹ノ村”にぽつんとたたずむ診療所にやってきた一人のぽんこつドクター・紅野真空(高畑)と、ツナギでグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)、そして前髪ぱっつんのキレキャラ看護師・蒼山太陽(北村匠海)がシェアハウスをしながら、診療所に訪れる村人たちと触れ合い、命と向き合っていく。

第3話では、“まだら認知症”患者の雪乃(安達)を、嵐(水野)や氷月(西田)らが温かく見守る様子を見て、新参者の内科医・真空(高畑)も心を開くようになっていく姿が描かれた。

ドラマファンをうならせたのは、記憶が消えたことに戸惑う雪乃を演じる安達と、自身もつらい悲しみを抱えながらも彼女に優しく寄り添う友人たちを演じた水野、西田、そして主演の高畑という4人の女優が、村の小学校の教室で語り合ったシーンだ。

どうにもならない現実…それでも前を向く4人の女性たち

まるで演劇の舞台のように、4人が学校の机を向かい合わせにして、それぞれの役柄が抱える心の傷や、人生への思いを一人ずつ明かしていく。

子ども好きの氷月は、不妊治療をしても子を授かることができず「自分が憧れてた人生とは違っちゃったのは確かで、悔しいなって気持ちはある」と語った。次いで嵐は、いきなり夫が手紙を置いて家を出たことを語り「何が嫌だったのか教えてくれればね、少しは納得できたのかもしれないけど、分かんないから全部なんだろうなって」とやりきれない気持ちを明かした。

真空も虹ノ村に来てから温かい人々に囲まれ、幸せで楽しいけれど、病気のことはつい我慢してしまうと吐露し「こんなの医者じゃない、最悪です」と涙を流した。自分の話を涙を浮かべて話す3人を見て、雪乃もまた真っ赤な目で、彼女たちの人生、そして自分の病気のことを思っていた。

氷月が「みんなあるね、あるよね。どうにもならないことって。頑張ってもどうにもならないことって。現実は。付き合っていくしかないんだよね、なんとかさ」と語ったこのシーン。演技派女優たちによる芝居の“四重奏”ともいえる人間味あふれる会話劇に、視聴者も「あの女優陣すごすぎませんか」「ドラマを忘れて、そこに何年も住んでいる女性たちのように見えた」「めちゃくちゃ良い名シーンだったのでは!」と絶賛の声を上げた。

次回、妻・沙織(佐々木希)の姿…朔の過去が明らかに!

次週、第4話は2月11日(木)放送。隣村のキャンプ場で土砂崩れが発生。急いで現場に向かうことになった真空(高畑)、太陽(北村)、朔(井浦)だが、その様子を見て霧ケ谷(光石研)は朔に「大丈夫…?」と声をかける。笑顔で応える朔だが、心配そうな霧ケ谷の様子に、何か知っているようだと悟る真空。

緊張感ただよう中、土砂崩れの現場に入った3人は、年長者の朔の指示の下、命を救うために奔走する。そんな混乱の中、ある患者の「大丈夫です」という言葉に、思わず朔は「それはあなたが決めることじゃない!」と激昂する。朔の脳裏には妻・沙織(佐々木希)の姿が思い出され…朔の過去が明かされる。

元記事で読む