1. トップ
  2. 佐久間由衣、奈緒が作品を見た感想を語り合う! 映画「君は永遠にそいつらより若い」対談映像公開

佐久間由衣、奈緒が作品を見た感想を語り合う! 映画「君は永遠にそいつらより若い」対談映像公開

  • 2021.2.5
  • 318 views

芥川賞作家・津村記久子の「君は永遠にそいつらより若い」が実写映画化され、2021年秋に公開。このたび、本ビジュアルに加えて、主演を務める佐久間由衣と奈緒の対談映像が公開された。

【写真を見る】映画「君は永遠にそいつらより若い」場面カットを公開!

津村のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である「君は永遠にそいつらより若い」。卒業間近の大学生である主人公が、なんとなく過ごす日常の中で、ふとした折に「暴力」「児童虐待」「ネグレクト」などの社会の闇と、それに伴うやり切れない「哀しみ」に直面していく。

解禁された本ビジュアルは、自転車に乗ったホリガイ(佐久間)と寄り添って立つイノギ(奈緒)が収められた、1枚の写真のみで構成された力強いビジュアル。

先に公開された特報に登場するシーンの2人を捉えたもので、イノギの「その言葉でじゅうぶんだと思う」というセリフがコピーになっている。

一方、特別映像では完成した映画を見た感想を語り合う2人。さらに、ホリガイの赤髪は佐久間自らが提案したアイデアだったという話など、本作に関するエピソードが満載な内容となる。

映画「君は永遠にそいつらより若い」ストーリー

大学卒業を間近に控え、児童福祉職への就職も決まり、手持ちぶさたな日々を送るホリガイ(佐久間由衣)は、身長170cmを超える22歳、処女。変わり者とされているが、さほど自覚はない。バイトと学校と下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常をすごしている。

同じ大学に通う1つ年下のイノギ(奈緒)と知り合うが、過去に痛ましい経験を持つイノギとは、独特な関係を紡いでいく。そんな中、友人・ホミネの死以降、ホリガイを取り巻く日常の裏に潜む「暴力」と「哀しみ」が顔を見せる。

元記事で読む