1. トップ
  2. ステイホームでいつの間にか贅肉が…! そんなときに試してみたいこんにゃくのダイエット料理

ステイホームでいつの間にか贅肉が…! そんなときに試してみたいこんにゃくのダイエット料理

  • 2021.2.4
  • 535 views
「こんにゃくのガーリックステーキ」 調理:井原裕子 撮影:白根正治
「こんにゃくのガーリックステーキ」 調理:井原裕子 撮影:白根正治

【全画像を見る】低カロリーで食べごたえ◎こんにゃくを駆使したダイエット料理

出かけられない日々が続くと、どうしても運動不足になりがち。鏡を見て「あれ、なんか太ったような…?」なんて、感じている人も多いかもしれません。そんなときは低カロリー、低脂肪、低糖質のこんにゃくを駆使するのがおすすめ。噛み応えがあり、満足感も得られるこんにゃくは、ダイエットに最適なんです。

こんにゃくのガーリックステーキ

【材料・2人分】

長ねぎ…1/2本、にんにく…1片、こんにゃく(アク抜き不要のもの)…1枚(約200g)、塩、しょうゆ、ごま油

【作り方】

1.ねぎは長さを3等分に切り、芯(しん)を除いてせん切りにし、しらがねぎにする。にんにくは横薄切りにする。

2.こんにゃくは両面に格子状に切り目を入れて一口大に切る。

3.フライパンにこんにゃくを入れ、時々転がしながら2〜3分焼く。器に盛ってしらがねぎをのせ、しょうゆ小さじ2をかける。

4.続けて同じフライパンにごま油大さじ1/2とにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくの上下を返しながらこんがり色づくまで加熱し、油ごと3にかける。

(1人分45kcal、塩分0.9g)

フライパンで焼いたこんにゃくに、熱々のガーリックオイルをかければまるでステーキ! 肉で作ると200~300kcalくらいですが、こんにゃくなら1人分45kcal。脂肪分も控えめです。

韓国風こんにゃく焼き肉

ダイエット中でも肉が食べたーい!! そんなときは焼肉の中にこんにゃくを忍ばせればカロリーが半減。みそやキムチをのせて、葉野菜で巻いて食べるとよりヘルシーです。

【画像を見る】肉と一緒にこんにゃくを炒めてカロリーカット!「韓国風こんにゃく焼き肉」 調理:市瀬悦子 撮影:白根正治
【画像を見る】肉と一緒にこんにゃくを炒めてカロリーカット!「韓国風こんにゃく焼き肉」 調理:市瀬悦子 撮影:白根正治

こんにゃく麻婆豆腐

麻婆豆腐にこんにゃくを入れても◎。プリッとした食感が楽しい1品です。こんにゃくは手でちぎると味がしみ込みやすくなります。

「こんにゃく麻婆豆腐」 調理:コウケンテツ 撮影:木村拓
「こんにゃく麻婆豆腐」 調理:コウケンテツ 撮影:木村拓

とり肉とこんにゃくのガーリックソテー

とり肉とピーマン、こんにゃくをにんにくじょうゆで炒めて、仕上げに七味を少々。ごはんのおかずにもぴったりの一皿です。

「とり肉とこんにゃくのガーリックソテー」 調理:牛尾理恵 撮影:邑口京一郎
「とり肉とこんにゃくのガーリックソテー」 調理:牛尾理恵 撮影:邑口京一郎

梅しそこんにゃく一口カツ

豚もも薄切り肉でこんにゃく、梅肉、しそを巻き、衣をまぶしてフライパンで両面焼く揚げないとんカツ。パン粉を先にフライパンで炒っておくと、小さじ1の油でサクサクの食感に仕上がります。

「梅しそこんにゃく一口カツ」 調理:市瀬悦子 撮影:福尾美雪
「梅しそこんにゃく一口カツ」 調理:市瀬悦子 撮影:福尾美雪

こんにゃくは食物繊維が豊富で、腸の掃除をしてくれるのもうれしいところ。ステイホ―ム期間中、料理に上手に取り入れるとダイエットになるかもしれません♪

文=齋藤久美子

元記事で読む
の記事をもっとみる