1. トップ
  2. ファッション
  3. ティート 2015-16年秋冬コレクション - 危うさを秘めた少女たち

ティート 2015-16年秋冬コレクション - 危うさを秘めた少女たち

  • 2015.6.7
  • 1765 views

ティート(tiit)の2015-16年秋冬コレクションは、ユースカルチャーに着目。いまの時代を鏡のように映し出す若者たちの感性を活かし、儚げな世界観を作り出していく。

小柄な少女が2人、体を寄せ合っている。彼女たちの華奢な体にはフィットしないであろうビックシルエットのハーフトップスやスウェットのハーフパンツ、ロゴ入りロングTシャツは無邪気さを感じさせる。スタンドカラーのトップスとワンピースを揃いで合わせ、ユニファームスタイルを提案。

ハイネックトップスやフレアスカートには、スクエアなアクセントをプラス。トップスの首元にはニットを合わせ、スカートにはポケットのようにレースを配した。またレイヤードもムードのよう。透け感のある素材を重ねたスカートは、ボーダー柄を透かせ、写真や模様を重ねてコラージュした独創的なプリントがワンピースを彩った。

足元は、ソックスとレースアップシューズを組み合わせたスクールテイストが主流で、上品にまとめ上げている。その中で、真っ白なダッフルコートにスリッポンスニーカーをマッチさせた、危うさを感じさせるスタイリングが印象的だった。

コレクションルックは、写真家の山口こすもが手掛けた。感情を込めて今季の世界観を描き出すことで、日本のいまを反映した叙情的なジャパニーズコンテンポラリーが表現されていた。

元記事を読む