1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 同じ歳なのにどうして?「肌老化」が激しい人の特徴

同じ歳なのにどうして?「肌老化」が激しい人の特徴

  • 2015.6.7
  • 1134 views

「同じ歳なのに、何となくあの子と肌ツヤに違いがあるな……」と感じたことはありませんか? シワの多さやハリのなさなど、見た目で確認できるほどのその違いは「肌老化」が原因です。いつまでも衰えず美しい美肌を保つには「紫外線対策」、「バランスのとれた食生活」を意識することが重要です。

■肌老化とは

通常、若く健康的な人の皮膚はコラーゲン繊維やエラスチン繊維が規則正しく配列されています。ところが、紫外線などによる刺激や、ストレス・食生活の乱れといった内的要因によりその構造が崩れてしまいます。

若いうちは、修復能力が優れているので気にはならなかったものの、加齢とともに皮膚の修復能力が低下してしまうため、それが「肌老化」として表面に現れます。

加齢による肌の変化はいくつかありますが、特に顔への影響があるものは次の3つです。

シミやくすみといった皮膚の「色調変化」

シワ・たるみ・乾燥・ハリ不足などの皮膚の「質的変化」

ホクロ・イボなど皮膚組織の「増殖性疾患」

などが肌老化として挙げられます。

■皮膚老化が激しい人の特徴

●年中日焼けをしている

肌老化を導く最大の要因は、光老化=紫外線によるものです。年中日焼けを伴う活動をしている人や、紫外線対策を怠っている人は危険度大。

●ストレスの多い人

ストレスや過労、睡眠不足は皮膚細胞の分裂増殖を妨げるだけでなく、ダメージからの回復をも遅らせます。

●過激なダイエットや偏食の人

栄養バランスが取れていないのに、肌を健康に保てるはずはありません。腸内環境が乱れると、ニキビや吹き出物が発症しやすくなります。

■皮膚老化をストップさせるには?

まずは、紫外線対策をしっかりすること。日焼けをする際は、時間を決めて極力短時間で切り上げるようにします。

食事で気をつけたいのは、偏食をせず毎日一定の時間で規則正しくすること。ビタミンや食物繊維は、積極的に摂り入れるようにしましょう。

そして糖化の原因にもなる糖質は控えるのがベター。糖化によってコラーゲンが変性し、黄ばみやくすみの原因になります。

歳をとるのはみんな同じなのに、肌に違いが出てしまうのは、毎日の過ごし方の違い。いつまでも美肌でいられるよう、今日から生活を見直してみませんか?

(ささきひろこ)

元記事を読む