1. トップ
  2. ファッション
  3. ハイダー アッカーマン 2015-16年秋冬コレクション - 心の中の思い出をリペアして

ハイダー アッカーマン 2015-16年秋冬コレクション - 心の中の思い出をリペアして

  • 2015.6.7
  • 1300 views

ハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)の2015-16年秋冬コレクション。家族旅行で着ていたジャケット、初デートで着たドレス、友人と喧嘩したときに着ていたシャツ……。どんな人でも思い出が蘇る一着があるはずだ。そんな大切な服をリペアして、新しい命を吹き込むイメージが今季のムード。レザーやウールなどのリッチな素材を贅沢に使用しているのに、どこか不完全で情に訴えかけるようなワードローブが揃った。

繰り返される、ジャケット遊び。斜めに上がったショルダーラインが特徴のツイードジャケットは、深みのあるレッドやグリーン、ブルーなどのカラーをセレクト。チェックやアニマルなどのパターンをぶつけ合わせ融合させ、独自のスタイルを築いていく。ロングコートは着物のよう胸元で重ね合わせ、太いベルトでウエストマーク。予期せぬところにパッチワークを施し、豊かな表情を加えていく。

そこに合わせたのは、ブラックのクロップドパンツやレザーパンツ。しかし、それだけでは遊びのあるジャケットスタイルは不完全だ。アシンメトリーなプリーツスカートをオン。今にも壊れてしまいそうな刹那的なフォルムが、コレクションをドラマティックに仕上げていく。とろけるようなシルクのブラウスが、揺らめき輝くなかで。

そんなパンツルックから垂れた、白い糸。重力に従うように、ランウェイに向かって真っすぐ伸びている。白い糸は、ショーの後半を飾るブラックスタイルに遊びを加えた。上品なジャケットのラペル部分をランダムに彩る。よく目を凝らすと、モデルの髪にも糸が乗っている。

時間が経過するとどうしても、洋服は傷んでしまうもの。しかしそれを悲観的に捉えず、楽しい時間に変えてしまうハイダー アッカーマンの斬新なアイデアに驚かされたシーズンだった。

元記事を読む