1. トップ
  2. SUPER BEAVER ニューアルバム『アイラヴユー』は「間違いなく大事な1枚」

SUPER BEAVER ニューアルバム『アイラヴユー』は「間違いなく大事な1枚」

  • 2021.2.3
  • 266 views

SUPER BEAVERのボーカル・渋谷龍太さんとギター・柳沢亮太さんが、2月2日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にリモートでゲスト出演。3日(水)リリースのニューアルバム『アイラヴユー』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭の質問に答えました。

さかた校長:SUPER BEAVER先生は、2月3日にニューアルバム『アイラヴユー』をリリース。おめでとうございます!

SUPER BEAVER:ありがとうございます!

さかた校長:SCHOOL OF LOCK! で初解禁した「アイラヴユー」が表題曲となっておりまして、全11曲が収録されていますが全曲最強でした!

SUPER BEAVER:嬉しい!

さかた校長:このアルバムは前作の『歓声前夜』から2年7ヵ月ぶりにリリースされましたが、2020年のメジャー再契約、そして第一弾のフルアルバムということで、いままでの作品とはまた違う思いがあったりしますか?

渋谷:ことさら意識はしていないですね。自分たちは今年で(結成)16年目、4月で17年目になるんですけど……自分たちを俯瞰して見ると、ずっと地続きでやってきたなという感じがすごくするんです。2020年にメジャーというフィールドでもう一度音楽を鳴らそうと決めたんですけど、それによって自分たちの根幹が揺らいだりとか大きく何かが変わったりというのは、正直全然なかったです。いままですごく大事に思いながら活動してきたものを軸にというか、今回もこの1枚にまとめたという感じなので。特別な思いというのは、ことさら実はなかったりします。

こもり教頭:このアルバムの制作は、いつから始まったんですか?

柳沢:僕らはもともと2019年はリリースをしない、と決めていたんです。なのでこの年に初めてホールをやったり、ホールとライブハウスを同じ街でやっていったり……特にライブ三昧な1年だったんです。ただその裏でライブをしながら感じていくものであったりを、いつリリースとは決めずに曲は作り続けていて。そのまま2020年に入っても曲作りはずっと……それこそ地続きでつながっていたんです。なので、振り返ってどこから? と聞かれると、19年から始まっていたと言っても間違いではないというか。

こもり教頭:2019年から始まったとして、2020年、2021年と世の中が変わったじゃないですか。その中で、楽曲やメッセージが影響される部分はありましたか?

柳沢:そうですね……(笑)。正直な気持ちを言うと、狭い時代性みたいなものは反映したくないと思っていたんです。でも2020年はおうちにいる時間が増えて、考えようとしなくても考えざるを得ないというか……無意識に考えてしまうことがすごくいっぱいあって。その中で湧き上がってきた思いみたいなものも、この作品に確実に反映されているというのはありますね。

さかた校長:いまの時代にフィットする曲もあれば、世界がちょっとよくなったら違う角度で聴こえる曲もありますし。そんな2020年を経てできたこの新しいアルバムは、BEAVER先生にとってどういった作品になりましたか?

渋谷:どのアーティストも、毎回絶対言うと思うんですけど……「最高傑作ができた」って。でも、本当に心の底から思っているか、思っていないかというのは、けっこう重要だと思うんですよ。こんなこと言っちゃいけないかもしれないけど(笑)。

柳沢:(笑)。

渋谷:でも自分たちがやってきたなかで、もう17年目に入るというときにこのアルバムが作れたというのは、音楽家としても喜ばしいことだなと思いました。すごくたくさんの人に支えられながらここまで来たんだな、という実感がさらに深まるアルバムができたと思うので、間違いなく自分たちにとって大事な1枚になるんだろうなって……この先何年経っても大事な1枚だったな、って言える作品ができたなと思っています。

――ここで「アイラヴユー」をオンエア

【SUPER BEAVER 「アイラヴユー」MV】

さかた校長:2月3日からはツアー「SUPER BEAVER 『アイラヴユー』Release Tour 2021 〜 愛とラクダ、15周年ふりかけ 〜」も始まるんですよね。

柳沢:そうなんですよ。

さかた校長:新型コロナウイルス対策をしっかりされてのツアーということですが、1月には(東京)豊洲PITで観客を入れてのライブを3本されているんですよね。どんな気持ちで、ライブはされたんですか?

渋谷:長いことやっていてもおごりや慢心ってないと思っていたんですけど、いつの間にか誰かの前で歌うということが、自分たちにとって当たり前になっていたんだ、と思わされる瞬間が多い2020年だったんです。こうやって直に観ていただけること、無料配信もやったんですけど、自分たちに時間を割いてくれるということに対して、ありがたみみたいなものをすごく感じました。音楽やっててよかったなとか、根幹の部分ですごく感じることができましたね、1月は。なのでそういう意気込みで、しっかりと1本1本地に足を付けてやっていきたいなと思っています。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む