1. トップ
  2. 恋愛
  3. マリリン・マンソン、女性たちの相次ぐ虐待告発に反応「事実の歪曲」「合意の上」

マリリン・マンソン、女性たちの相次ぐ虐待告発に反応「事実の歪曲」「合意の上」

  • 2021.2.3
  • 973 views

元婚約者で俳優のエヴァン・レイチェル・ウッドの告発を皮切りに、過去に交際もしくは関係があった複数の女性たちから精神的・肉体的虐待行為を受けたという主張が相次いでいるミュージシャンのマリリン・マンソンが、疑惑に関して沈黙を破った。(フロントロウ編集部)

※注意:この記事には、虐待やDV、自傷行為に関する詳細な描写が含まれます。

マリリン・マンソン、女性たちからの虐待告発が相次ぐ

ミュージシャンのマリリン・マンソンとの約3年間にわたる交際期間中に、精神的・肉体的な虐待を受けたことを告白した元婚約者で俳優のエヴァン・レイチェル・ウッドの行動が世間に大きな波紋を広げるなか、マリリンがインスタグラムに声明を投稿し、エヴァンや彼女に続いた数名の女性たちによる告発の内容は事実ではないと疑惑を否定した。

事の発端は、以前から、過去に交際していた“あるパートナー”から虐待を受け、その影響で自傷行為におよんだ事があるなどと告白していたエヴァンが、自身に苦痛を与え、現在も恐怖に怯えさせている人物の正体がマリリンだと名指ししたこと。

画像: エヴァンとマリリンはエヴァンが19歳だった2007年の1月から約3年間交際。2010年1月には婚約したが、その数か月後に破局した。
エヴァンとマリリンはエヴァンが19歳だった2007年の1月から約3年間交際。2010年1月には婚約したが、その数か月後に破局した。

「私を虐待した人物の名前はブライアン・ワーナー。マリリン・マンソンとして世界的に名が知れた人物です。彼は、私が10代の頃に私をグルーミングしはじめ、数年間にわたり恐ろしく虐待しました。私は彼に服従するよう、洗脳され、操られました。報復や中傷、脅迫の恐怖に怯えて暮らすのはもうウンザリ。私は、この危険な男性が、これ以上ほかの人たちの人生を崩壊させる前に、彼について暴露し、彼の行動を許してきたいくつもの業界を非難します。私は、これ以上沈黙を続けることをやめた、たくさんの被害者たちを支援します」。

10代の頃からマリリンによりグルーミング(未成年者に対して性的搾取を行なう目的で接近し、精神的に支配する行為)され、洗脳されたと訴えたエヴァンのインスタグラムへの投稿がきっかけとなり、過去にマリリンと関係があった複数の女性たちから、自分も彼から精神的・肉体的な虐待を受けたという告発が相次いだ。

女性たちによる告発

マリリンから虐待行為を受けたと訴えている女性は現時点で少なくとも4人。その全員が実名もしくは芸名で告発を行なっている。

2010年、マリリンから一緒にフォトシュートをやらないかと声をかけられたことがきっかけで関係をスタートさせたというアシュリー・ウォルターズという名の女性は、関係を重ねるうちに、マリリンに「所有物のように扱われた。彼とコラボの可能性がある人物や友人たちに対して性的な接待をさせられた」と告白。

モデルのサラ・マク二―リーは、マリリンとのメールのやりとりを記録したスクリーンショットを公開し、「“悪い事”をすると部屋に閉じ込められたり、彼がほかの女性を“楽しませている”のを聴かされたこともありました。特定の友人との交流を絶たれたり、私が言うことを聞かないと彼らに危害を加えると脅されたこともありました」とインスタグラムに綴った。

画像: 女性たちによる告発

2015年にライブのバックステージでマリリンと初対面し、熱烈なアプローチを受けて関係を始めたというアーティストのガブリエラは、2度目の面会の際には、マリリンが割ったワイングラスでお互いの手を切り、“血の契り”なるものを交わしたと証言。

約半年間におよんだ交際中は、マリリンにより、脅迫や恐怖、性的暴行といった方法で巧みに操つられ、コントロールされたといい、何度も体を縛られ、レイプされたとも主張している。マリリンは、彼女が涙を流すと、それこそが愛の証だと言い放ったという。

マリリンが疑惑を否定「合意の上だった」

これらの女性たちからの告発を受け、マリリンがインスタグラムに声明を投稿して反応。虐待の事実はなく、過激な行為は、パートナーとの合意のうえだったと主張した。

「ご存じの通り、私の芸術と人生は、これまでにも多くの論争を巻き起こしてきました。しかし、最近の私に対する主張は、ひどく不愉快な現実の歪曲にすぎません。私の親密な関係は、すべて、同じような趣向を持ったパートナーと、完全なる合意に基づいたうえでのものです。どういう理由で、彼女たちが今になって過去の事実を捻じ曲げることを選んだのかは分かりませんが、真実はそういうことです」

FBIに捜査を要求

この一件を理由に、マリリンの所属レーベルである、リパブリック・レコード傘下のロマ・ヴィスタ・レコーディングスは彼との契約を解除。公式サイトからもマリリンの名前が削除された。

さらに、マリリンが出演した米Starzのドラマシリーズ『アメリカン・ゴッズ』のエピソードは放送前にお蔵入りに。米AMCのホラーシリーズ『Creepshow(クリープショー)』にも出演していたが、今後放送予定だったエピソードは同じく放送中止となったと米Deadlineが伝えている。

画像: FBIに捜査を要求

マリリンが疑惑を否定する声明を出した数時間後、エヴァンが、カリフォルニア州のスーザン・ルビオ上院議員が、マリリンに対する虐待疑惑に関する捜査の開始をFBIに要求したとの公式申請書をインスタグラムで公開。

この手紙には、自身もDV(家庭内暴力)被害経験者だというルビオ議員による、「1人のDVサバイバーであり、被害者たちを擁護する役割を担うカリフォルニアの州議会議員として、虐待者による精神的・肉体的コントロールが与える感情的なトラウマに共感します」という文言も綴られている。

第一告発者となったエヴァンの投稿には、ドラマ『スーパーガール』のメリッサ・ブノワや、映画『アフター』のセルマ・ブレア、ドラマ『トゥルーブラッド』のアンナ・パキンといった、自身も過去にパートナーからDV被害を受けたことを公表しているセレブたちをはじめとする、たくさんの著名人たちが支持を表明するコメントなどを寄せている。

さらに、エヴァンより以前の2001年まで約2年間マリリンと交際し、婚約もしていたドラマ『チャームド〜魔女3姉妹〜』のローズ・マッゴーワンは、自身はマリリンからの虐待の被害に遭ったことはないとしながらも、被害告発者たちを全面的にサポートし、応援するとコメントしている。

画像: 1999年、交際当時のマリリンとローズ。MTVムービーアワードにて。
1999年、交際当時のマリリンとローズ。MTVムービーアワードにて。

悩みを抱えて相談を必要としている方へ
■女性の人権ホットライン

配偶者やパートナーからの暴力、職場でのセクハラやストーカー、イジメなど、女性の人権トラブルの相談を受けつける法務省の専用窓口。
0570-070-810(8:30~17:15)

(フロントロウ編集部)

元記事で読む