1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【四ツ木】東京ペンシルラボの工場見学で鉛筆についてお勉強

【四ツ木】東京ペンシルラボの工場見学で鉛筆についてお勉強

  • 2021.2.2
  • 1014 views
東京ペンシルラボへ

こんにちは、元ラジオリポーターのしまんだです。

東京都葛飾区四つ木にある、東京ペンシルラボに行ってきました。子どもたちも大好きで何度も足を運んでいるんですよ。京成線の四つ木駅から歩いて六分くらいです。

四つ木駅は、人気漫画キャプテン翼の舞台となってうるようで、駅の雰囲気もキャプテン翼一色!アナウンスも特徴的で楽しかったですよ。

鉛筆工場を見学

さて、今回東京ペンシルラボに行ったのは、北星鉛筆株式会社の工場見学を受けるため。身近な鉛筆について、色々知ることができます。行くたびに色々な発見があり楽しいんですよね。四つ木駅からしばらく歩くと、住宅街の中に大きな鉛筆を発見!

出典:リビング東京Web

こちらが工場になります。となりに東京ペンシルラボがあります。

出典:リビング東京Web

入り口には楽しい作品がいっぱいで、わくわくします。まず鉛筆資料コーナーで、鉛筆についてのビデオを見たり、説明を聞いたりします。鉛筆の歴史や作り方などがよくわかりますよ。

質問にもたくさん答えていただきました。徳川家康が鉛筆を持っていたことは わかっているそうで、歴史が好きな私たちは嬉しくなりました。また、娘の色鉛筆がすぐ折れて悩んでいることを相談しましたが、芯が柔らかいからだそう。削りすぎなのかもしれませんね。そして、その後の工場見学では、実際に鉛筆を作っているところを近くで見ることも出きるんですよ。

出典:リビング東京Web

すごいスピードで、迫力満点です。チャコペンも作っていました。ステイホームで、裁縫をする人も増え、需要が多いそうですよ。

木の粘土の工作も満喫!

鉛筆神社やお庭もあります。

出典:リビング東京Web

そして、びっくりするのがこちらのお地蔵さん。

出典:リビング東京Web

鉛筆のお地蔵さんに、短くなった鉛筆を入れます。5本で新しい鉛筆と交換できるんですよ。短くなった鉛筆になかなかさよならできなかった子どもたちも、お地蔵さんに入れるのを楽しんでいました。

最後に、木の粘土「もくねんさん」を使った工作も楽しめるんですよ。こんなにたくさんの型があり、作る前からわくわくです。

出典:リビング東京Web

色々作りましたが、数日できれいに乾いたので、家で鉛筆には自由に色を塗りました。

出典:リビング東京Web

すでに完成している粘土で息子はたくさん遊んでいました。

出典:リビング東京Web

気になる商品もたくさん販売されており、鉛筆のような書き心地のシャープペンシルなどもありました。

出典:リビング東京Web

削らなくていいのでとっても便利に使えますよね。また、鉛筆もかなりお安く販売されており、たくさん購入してしまいましたよ。

そして、毎回楽しみにしているのが鉛筆のつかみ取り。

出典:リビング東京Web

息子も小さな手で頑張ってつかんでいましたよ。大人の私もわくわくしながらつかんでしまいました。

工場見学からお買い物まで楽しい東京ペンシルラボ。皆さんも、ぜひ東京ペンシルラボで鉛筆について楽しく学んでみてはいかがでしょうか。

北星鉛筆株式会社 東京ペンシルラボ 〒124-0011 東京都葛飾区四つ木 1-23-11 京成電鉄「四ツ木」駅より徒歩5分 03-3693-0777 http://www.kitaboshi.co.jp/ ◇ペンシルラボ見学について 見学所要時間:約1時間 見学日:平日のみ 休館日:土日祝・火曜午後・年末年始の前後2週間・お盆期間中 定員:各時間帯15名まで(当面の間・通常は50名まで) 料金:大人(18歳以上)400円 小人(3歳以上)300円 詳しくはこちら

元記事で読む