1. トップ
  2. おでかけ
  3. ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』菅田将暉主演でリメイク、恐怖の密室サスペンス再び

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』菅田将暉主演でリメイク、恐怖の密室サスペンス再び

  • 2021.2.2
  • 536 views

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画『CUBE』菅田将暉主演でリメイク、恐怖の密室サスペンス再び

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画「CUBE」が、主演に菅田将暉を迎えたリメイクを実現。2021年10月22日(金)より公開される。

www.fashion-press.net

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督初の“公認リメイク”として、スクリーンへ

1997年に公開された映画「CUBE」は、世界中でヒットを記録した名作スリラー。死のトラップで張り巡らされたCUBE(立方体)の中から、見知らぬ者同士の脱出劇を描いた本作は、密室サスペンスの先駆けとしてしても知られている。そんな人気作品が日本の実力派俳優を新たに迎えて、2021年秋にスクリーンにカムバッグ。ヴィンチェンゾ・ナタリ監督初の公認リメイク作品として、再び観客たちを恐怖へと陥れる。

<あらすじ>
目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だったー。
突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員…彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか?!

キャスト

CUBEの中から脱出を企む男女6人役には、日本を代表する豪華キャストが勢ぞろい。主演のエンジニア・後藤裕一役(29)に『キャラクター』の公開を控える菅田将暉が抜擢されたほか、団体職員・甲斐麻子役(37)を杏、フリーター・越智真司役(31)を岡田将生、中学生・宇野千陽役(13)を田代輝、整備士・井手寛役(39)を斎藤工、会社役員・安東和正役(61)を吉田鋼太郎がそれぞれ演じる。

菅田将暉コメント

主演の菅田は、その映画内容に関してヒントを言及。「撮影しながらも頭の中には疑問だらけでした。映画というよりは演劇的空間の中で、共に過ごした演者のみなさんとは奇妙な連帯感がいつしか芽生えていました。こんな映画です、とカテゴライズするのはとても難しいです。実験的なエンターテインメントを楽しんでもらえたら何よりです。」とコメントを寄せている。

また菅田将暉演じる後藤裕⼀の弟・博⼈役には、『約束のネバーランド』で存在感を放った若手俳優・⼭時聡真が抜擢。菅田と同じ事務所に所属している山時は、「事務所の先輩である菅⽥さんと同じシーンを経験できた事は僕にとってとても貴重な時間でした。1カット1カット噛み締めながら、そして博⼈に寄り添いながら、作品に挑むことができたと思います」とコメントを寄せている。

ヴィンチェンゾ・ナタリ本人も、クリエイティブ協力

なお監督は「MANRIKI」の清水康彦が務めるほか、脚本は「おっさんずラブ」シリーズ、「私の家政婦ナギサさん」の徳尾浩司が担当。またクリエイティブ協力でヴィンチェンゾ・ナタリ本人が参加するなど、豪華制作勢にも期待が募る。

【詳細】
映画『CUBE』
公開:2021年10月22日(金)
原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ「CUBE」
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎
監督:清水康彦
製 作:「CUBE」製作委員会
配給:松竹株式会社

元記事で読む