1. トップ
  2. 中条あやみ“来美”の強さと芳根京子“美亜”の裏切り…極限状態で描かれる人間ドラマ<君と世界が終わる日に>

中条あやみ“来美”の強さと芳根京子“美亜”の裏切り…極限状態で描かれる人間ドラマ<君と世界が終わる日に>

  • 2021.2.1
  • 263 views

竹内涼真主演ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系) 。1月31日放送の第3話は、化け物がまちをさまようなかで互いに再会したいと頑張る主人公・響(竹内)と恋人の来美(中条あやみ)の一方で、本話から登場した芳根京子演じる美亜が見せたラストの行動は衝撃を呼び、一時Twitterの国内トレンド1位に上昇した。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】ダークな表情を見せた芳根京子の演技にも反響が!

化け物と対峙する来美の強さ

日本テレビとHuluの共同製作による本作は、主人公・響が恋人と再会するために、死と隣り合わせの終末世界を生き抜く姿を描くサバイバルラブストーリー。地上波ゴールデンタイム連ドラとしては日本初の本格ゾンビ作品となる。

前回の第2話の最後で、響は生存者たちと避難所となっていた自衛隊駐屯地にたどり着いたが、警察官でグループを統率してきた本郷(大谷亮平)が銃で撃たれて亡くなり、多くの視聴者を絶句させた。しかも、第3話では、自衛隊内部で虚偽の報告により響たちがテロ集団とみなされていることが明らかに。そして響たちは、化け物が占拠する封鎖区域の外・横浜を目指して進み、あるショッピングモールに逃げ込むというストーリーが展開した。

そんななか、響の恋人・来美は自衛隊駐屯地で保護されていたが、“テロ集団”とされたなかに響がいることを確信。見つけ出すために化け物=ゴーレムを研究するためのサンプル採取に同行し、駐屯地の外に出ることを願い出た。

危険なサンプル採取に同行するための試験として、生きたゴーレムに注射器を打って血を取り出すことができるか試されることになった来美は、自分の血でゴーレムの注意をそらす作戦で成功させた。

響に会うがための来美の行動。中条の大きな瞳の奥に、来美の強さが光った。

新登場の芳根京子に「そうきたか…」

さて、響たちが逃げ込んだショッピングモールでは、人気女優の美亜(芳根京子)が助けを求めてきた。そんなとき、響たちのグループは仲間割れを起こして、1人で離れた場所にいた佳奈恵(飯豊まりえ)がショッピングモールにいた日本刀を手にした生き残りのグループ「刀集団」に人質に取られてしまった。刀集団は、人質と引き換えに等々力(笠松将)が持つ銃を要求する。

助けを求める前に刀集団と行動を共にしていた美亜を信じきれない響。美亜は、当初、恋人と一緒で、刀集団に守られていたが、恋人がゴーレムになったことで「殺せ」と言われ、とある場所に隠していたことを涙ながらに語った。

美亜も仲間に入れ、佳奈恵を救出するために作戦を練る響たち。作戦が功を奏したかに思えた時、美亜の裏切りが発覚。刀集団のスパイだった美亜は「この世界では、信じたほうが負けなの」と言い放った。

来美の愛する人を思うまっすぐな強さと対照的に、涙の告白からの裏切りを見せた美亜。さすが“女優”というところなのか。これには視聴者からも1話のなかで振り幅大きく演じた芳根のヒールぶりに「そうきたか」「意外な役で驚いた」「まんまと騙された」「演技力がすごい」といった声が寄せられた。

ゾンビ作品の“あるある”のひとつにもなるが、生き残ったもの同士での対立で、人間の怖さを一段と感じさせる回となった。

2月7日(日)放送 第4話あらすじ

人質となっていた佳奈恵を助けるため刀集団に投降した響たちは、ショッピングモールの地下へと連れていかれる。そこには大量のゴーレムたちが閉じ込められていた。

約束を破り、響たちの命を奪おうとする刀集団のリーダー・坪井(小久保寿人)。しかし、その時突然、停電が発生。響は仲間に助けに戻ると言い残し、屋上にある発電機の修理に名乗り出る。

一方、響を探すため危険なゴーレムのサンプル採取に同行した来美は、自衛隊と共にショッピングモールに到着。一人になった隙に刀集団に拉致されてしまう。そこで、響とすぐそこまですれ違う。

ワクチン開発を進める自衛隊駐屯地では、来美が拉致されたことを知った首藤(滝藤賢一)が保護を命じていた。首藤が来美にこだわるのには、実はある理由があった。

元記事で読む