1. トップ
  2. ファッション
  3. ナイキでクレジットカードの不正利用が横行中!? 4.6万円分を勝手に購入された買い物狂いが、恐怖を語る

ナイキでクレジットカードの不正利用が横行中!? 4.6万円分を勝手に購入された買い物狂いが、恐怖を語る

  • 2021.2.1
  • 5954 views
【星作業中】買い物コラム85回の画像1
(C)千葉N子


――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

その日、千葉N子は鼻歌を歌いながらネットサーフィンをしていました。すると、「メールが1件届きました」という通知が。

フンフン、どこのショップからDMかしら? ベイクルーズ? ファーフェッチ? と思いながら見にいくと、それは私の憧れのオシャレブランド「sacai」からのメールでした。

sacaiは、「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトとした、日本を代表するファッションブランド。クラシカルなアイテムにひとひねり加えたニュースタンダードなアイテムが特徴で、オシャレじゃない人間からすると、sacaiのジャケットやスカートというのは、身に着けただけでオシャレの戦闘力が1000倍くらい上がる“勝負服”。

私はsacaiのジャケットを見た瞬間、「こ、このジャケットさえ着ておけば、あとはどうでもいいデニムと白Tでも、銀座でナメられないくらいの武装ができるわい!!」と興奮したものでした。

とはいえ、sacaiの服は庶民にはべらぼうに高い……。スカートで10万円、ジャケットは20万円くらいしますからね。ハイブランドの中ではお求めやすい価格帯だとは思いますが、実店舗も近くにはないし、サイズもわからないんじゃ、清水の舞台から飛び降りようにも、舞台にすら立てないというもの。とりあえず、sacaiのダイレクトメールサービスに登録だけして、「新商品」の案内が来るたびに「へえ~~、オシャレだわ~~」と唸るにとどめていたのです。

その日届いたメールには、「sacai×NIKEのコラボシューズを発売します」とありました。なんだかよくわかりませんでしたが、「このスニーカーは抽選でしか買えないため、ゲットできたらすごいアイテムです」的な内容を読みとり、「へえ~」とページをクリックしていると、「応募完了」というページに行き着きました。はて……? 応募完了……? なんの……? クレジットカード情報も登録していませんし、靴のサイズすら選んでいません。なのに「応募完了」ってこれ、あたい、何に応募したんだね?

だんだん怖くなってきて前のページに戻り、一生懸命そこに書かれた文言を読みました。えーと、靴の発売日が6日で、青山店の入場券を抽選している、と……。あ、なーんだ、青山店の入場抽選券に応募しただけかぁ。私はほっと一息つき、その日はパソコンを閉じたのでした。

そんな出来事もすっかり忘れたある朝、目が覚めてスマホを見ると、クレジットカード会社から不審な通知が来ていました。

「カードのご利用確認にご協力をお願いします」

気づかぬうちに、4万超えの不正利用が……

え……? 通知が来たのは6日の午前0時。そんな時間に買い物をした覚えなんてないんだけど……? 誰かがあたいのカード情報を使って買い物をしようとした……? しばらく考えた末に思い起こしたのは、sacaiのスニーカー。確かあれ、2万6,000円だった気がする……。引き落としをかけられた額と一致するし……ってことは、数日前の「応募完了」というのは、お店の入場券じゃなくて、やっぱり靴の購入権だったわけか。カードの引き落としを止めてもらえて助かったわあ。カード会社さんはちゃんとブロックしてくれるんだなあ、感心感心。

私はそんなことを思いながらカード会社に電話をかけ、「自分のミスでカードが止まったので、使用を再開してください」とお願いしました。すると生真面目な女性オペレーターは「それでは一応、直近のお取引きを確認させてください」とのこと。

なんだよ、めんどくさいなあ。全部私が買ってますよ、ハイハイ。恩知らずな私はそんなことを思いながら、「あ、それも覚えあります」「あ、それもあたしです」と答えていきました。その時です。ふいに「ナイキさまで4万6,000円の買い物もされていますね?」とオペレーターが言いました。

ハイハ……ん?? ナイキで4万6,000円??? あたし、そんな買い物しらないんだけど??? いや、単に忘れているだけ……? いやいや、そんなもの買ってない。何を買ったかすらわからないもん。

「買ってません」

そう答えると、途端にオペレーターの声色が変わりました。

「ファーフェッチやベイクルーズやナイキは、不正利用者がよく詐欺を働くサイトです」

ぬ、ぬあんだって~~~~!!!??? その後、目ん玉をひんむいて過去のカード明細を確認したのち、ナイキに問い合わせると、私のページからは注文履歴がないとのこと。極めて不正利用の可能性が高いので、カード会社に調査依頼を申し出てくれと言われました。ぴええええええ!!!!!!!!!! 恐ろし~~~~~!!!!!!!!!!

これって結局、「でもあんたが使ったんじゃないの?」とか怪しまれて泣き寝入りするパターンではないのか? 4万6,000円払わされるのでは……!? と戦々恐々としていましたが、カード会社に電話すると、あっさりと「では4万6,000円の請求は取り消します。新しいカードは1週間ほどでお送りします」と言われました。拍子抜けするほどあっさりな展開……。でもでも、私のカード情報って一体いつ取られたんだ……。怖すぎる……。

今まで送られてきたDMはなんとはなしに開いてきた私ですが、ちょっと……いやめちゃくちゃ恐怖を感じました。「へ~、新しいスニーカーの応募券?」とよくわからずにクリックした結果、カード情報を盗まれていた……ってこともありえる……のか?

海外の民泊サイトで宿をとったらカード情報を盗まれた、とその昔、あるYouTuberが言っていましたが、岩手の片田舎から一歩も出ない女・千葉N子ですら被害に遭うとは……。皆さんもカードの明細に不審なものがないかお気を付けください!!

千葉N子(ちば・えぬこ)
1,000万円以上の貯金があったにもかかわらず、買い物沼に踏み込み、現在アラフォー貯金0円(むしろマイナス)。毎月、27日に引き落とされるカード利用料に震えながら、今日も元気に散財している。

元記事で読む