1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【前編】仲の良いママ友と2人だけで話がしたいのに、いつも他のママに邪魔される!悩むママさんに寄せられた解決法とは?

【前編】仲の良いママ友と2人だけで話がしたいのに、いつも他のママに邪魔される!悩むママさんに寄せられた解決法とは?

  • 2021.2.1
  • 7424 views
出典:select.mamastar.jp

遊ぶ約束をしている相手と一緒にいるときに第三者から「私も行きたい!」と言われたら、断るのはなかなかに難しいでしょう。本当は2人だけで遊びたいと思っていても、大人になればなるほど本音を隠してしまうものですよね。今回の相談者さんも、ママ友と2人きりで話がしたいのに、いつも邪魔が入ってしまうとお悩みのようです。

『とても仲良くなった信頼できるママ友が1人います。その人にしか話せないことがあるのだけれど、2人で約束していても他の人が「どこか行くの? 混ぜて~」っていつも言ってきてなかなか2人で話す機会がありません。私もママ友も働いているので、午前保育の日の午前中くらいしか時間が合わなくて、2人で連れ立って行こうとしたら誰かしらオマケの人がついてくる感じです。「一緒に行きたい」って言われたら断れないし、LINEで話せるような悩みでもない。1人悶々としてしまっています』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375

信頼できるママ友さんに聞いてほしい話がある相談者さん。ところが、いつも他のママから「一緒に行きたい!」と言われて肝心の悩みを話せないそう。そのことにモヤモヤしてしまっているようですね。

ママ友さんに「相談があるので2人で会いたい」と伝えている?


相談文を読む限り、他のママから「一緒に行きたい」と言われたときに相談者さんとママ友さんのどちらがそれを承諾しているか分かりませんでした。もしママ友さんのほうが「いいよ」と承諾してしまっていたとしたら、相談者さんの「話を聞いてもらいたいから2人でランチに行こう」という気持ちがママ友さんに伝わっていないからかもしれません。

『まずLINEで今度聞いて欲しいことあるから2人でご飯行こうって言ったら?』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375
『「相談があるのだけれど」って事前に約束したらよくない?』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375

相談者さんがママ友さんに自分の希望を伝えていても「私も行きたい!」と他のママに言われたら断るのはなかなか容易ではありませんが……。「今日は用事があって」「あらためて来週集まろうよ」など相手を傷つけない言い訳はいくらでもあるはずです。

待ち合わせの場所を工夫してみては

いつも第三者に声をかけられてしまうということは、目につきやすい場所で待ち合わせをしているとも考えられますね。

『子どもを送って園の駐輪場付近で待ち合わせていました』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375

今まで相談者さんは子どもの園の駐車場付近でママ友さんと待ち合わせをしていたとのこと。他のママから声をかけられたら断れないのであれば、待ち合わせ場所を変えてみたほうがよさそうですね。

『約束は先にしているんでしょ。園の前? 駐輪場? なんかでウロウロしていたらそりゃどうしたの? って思われるわ』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375
『自宅に何時って呼んだら? 支度があるから後からゆっくりきてね~ってすればいいんでない?』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375
『連れ立って行くからじゃない? 近くの店で待ち合わせしたらいいのに』出典:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3779375

他のママは相談者さんたちが約束をしていることを知らないでしょうし、2人だけで話がしたい相談者さんの意向など知る由もないでしょう。「子どものお迎えの時間まで2人でお茶でもするのかな?」と思い、気軽に声をかけてくるのかもしれません。他のママを避ける対策として、ママ友さんを自宅に呼んだり、お店で待ち合わせをしてしまえば他のママの目に留まることもないはず。2人一緒にいるときに声をかけられるよりも、相談者さんが1人のときに他のママに声をかけられたほうが「ごめん用事があって!」と言って断りやすいのではないでしょうか。果たして相談者さんはママ友さんと2人きりで話ができたのでしょうか。

後編へ続く。

文・物江窓香 編集・子持ち鮎 イラスト・んぎまむ

元記事で読む