1. トップ
  2. ファッション
  3. トリコ・コム デ ギャルソン 2021年春夏コレクション - 高揚感に溢れるフェミニン&ガーリー

トリコ・コム デ ギャルソン 2021年春夏コレクション - 高揚感に溢れるフェミニン&ガーリー

  • 2021.1.29
  • 633 views

トリコ・コム デ ギャルソン 2021年春夏コレクション - 高揚感に溢れるフェミニン&ガーリー

トリコ・コム デ ギャルソン(tricot COMME des GARÇONS)の2021年春夏コレクションは、いつにもましてフェミニン&ガーリーな魅力をたっぷりと詰め込んでいる。フリル、ギャザー、レース、花の刺繍……。あらゆる表現でそれを感じさせながら、コム デ ギャルソンらしいボーイッシュなディテールをほんのり差し込んだ。

www.fashion-press.net

高揚感に溢れるフェミニン&ガーリーな魅力を携えた2021年春夏シーズン

まず目を引くのは、ドット柄のレーステープを、ぐるりと体に巻き付けたかのようなナイロンチュールのワンピースやスカート。これは、今季の象徴的な1着だ。ティアードや通常のフリルとは異なる立体感と躍動感を兼ね備えており、その佇まいは春を迎える高揚感を表すかのよう。

これをはじめ、今季は大なり小なり装飾の手法が多彩で、その華やかさに心を掴まれる。例えば、フリルは大胆かつ縦横無尽にワンピースやブラウスの上を駆け巡り、花やパールの刺繍はエレガントにスカートやトップスを飾っている。クラシックなプリーツも、ギュギュッと寄せたギャザーも、すべてが主張的で、そこからは身に纏う楽しさが伝わってくる。

また、チャイナ服の要素をさりげなく取り入れているのも今季の特徴のひとつ。さらに“少年っぽさ”を垣間見るのは、デニムやリネンのパンツあしらったダブルステッチだ。これらが入ることで、ただ可愛いだけではない、茶目っ気にあふれる快活な女性像が浮かび上がる。

ファブリックは、かぎ針編みのニットやワッシャー加工を施したリネン、花柄のコットンローンなど軽やかなニュアンスをメインに、“きちんと感”のあるコットン×ウール、個性を出すナイロンタフタといった素材も採用した。ギンガムチェックやドットがもつ、揺るがない愛らしさも加えている。

元記事で読む