1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 定額料金で保育園へ紙おむつ&おしりふきを配送!“おむつサブスク”が登場

定額料金で保育園へ紙おむつ&おしりふきを配送!“おむつサブスク”が登場

  • 2021.1.29
  • 644 views

学研教育みらい・王子ネピア・日本紙パルプ商事がタッグを組み、定額料金で保育園へ“紙おむつ”と“おしりふき”を配送するサブスクリプションサービス「おむつお届け定額サービス」をスタートする。一部地域で先行開始、4月からのサービス開始を目指すという。

おむつに関わる負担を軽減

保育園では、個人ごとにおむつのはき替えを行い、おむつの不足・補充の連絡を保護者ひとりひとりに行っている。また、保護者はその連絡を受けて保育園へおむつを持参するため、急なおむつ購入や、予定外の大きな荷物になる負担のほか、おむつに記名する園では、名前を書く手間が大きな負担となっているという。

“そんな時間や手間を圧縮し、子どもたちとのふれあいや保育に向き合う時間にできたら”という想いが「おむつお届け定額サービス」に込められている。

紙おむつとおしりふきがセットで届く!

「おむつお届け定額サービス」は、保育園へ、乳幼児向けの紙おむつと、おむつ替えに必須のアイテムであるおしりふきをセットで届けるサブスクリプションサービス。

紙おむつ「ネピア Whito シリーズ」と、おしりふき「ふんわり心地よい赤ちゃんのおしりふき」に、配送サービス料を含め、月額2,980円(税別)で利用することが可能。サービスの対象は、0歳児・1歳児クラスとなっている。

“おむつサブスク”を活用して、子どものおむつに関する心配や負担を軽減してみては。

元記事で読む