1. トップ
  2. メイク
  3. 何色のマスクなら「アイメイク強め」にぴったり?|クール美人になれるメイク術

何色のマスクなら「アイメイク強め」にぴったり?|クール美人になれるメイク術

  • 2021.1.28
  • 1214 views

マスク必須の生活はまだ続く…。黒マスクにしたり、アイメイク強めにしたりすればなんとなくおしゃれに見えるけど、それだけで本当に満足してる!? マスクも顔の一部としてメイクと一緒にコーデすれば、一歩先ゆく”おしゃれ顔”印象にランクアップ☆

カッコよくキメるなら
黒マスクより
ベージュマスク
”カッコよさ”を黒で目指さない抜け感マスクでクール美人を狙って
アイメイクを強めにしたときは、顔の下半分をスッキリさせると目の印象がより強くなる。肌と一体感が出るベージュマスクなら、強めEYEとのメリハリ感でクールな印象に。


黒マスクだとマスクにしか目がいきませんが、ベージュなら視線は目に集まるはず。



マスクを外したらもっとステキ★
黒々しいダークさで強めない。輝きも味方につけて印象的に★


チョーカーニットワンピース 7,264円+税/GYDA

ベージュマスクは強めに仕上げた目元に視線を一点集中させる
HOW TO
”クール”メイク

01
透明感出すキラキラのブルーをアイホールに


目元に透明感を出す微細パールのあるブルー(左上)をアイホール全体に塗ります。このベースカラーが大人クールな印象を強めます。


デザイニング カラー アイズ 09深月 6,800円+税/SUQQU
※SUQQU デザイニング カラー アイズは2021年1月8日発売のSUQQU シグニチャー カラーアイズと切りかわり、廃番となります。

02
さりげないツヤが出るチャコールを重ねる


01と同じところにチャコールカラー(左下)を重ね塗りします。あえて色を混ぜることで、暗い色1色で塗るより深みが出せます。

03
やや深みのあるカーキを軽く重ねる


しっとりした質感のカーキ(右下)を、01、02と同じところに軽く重ねます。カーキは黒や茶より大人クールさが醸し出せます。

04
目尻側にだけカーキを重ねる


チップにカーキ(右下)をとり、目尻から黒目の手前までのせてぼかします。目尻側から塗るのは目尻側が濃く重めにしたいから。

05
下まぶたの目尻側にダークカラーをオン


ブラシにカーキ(右下)を軽くとり、下まぶたにさっとひと塗り。これも目尻側から塗りましょう。目頭だけは塗らないであけておいて。

06
目頭に強めの輝きをプラスして


微細ラメのシルバー(右上)を目頭の”く”の字に入れます。ここにきらめきがあるだけで、目が格段にキレイに見えます。

07
ゴールドラメでカーキをなじませる


下まぶた(05と同じところ)に微細パールのゴールドをひと塗り重ねます。このゴールドには、カーキカラーを肌になじませる効果が!


肌色になじむ色と繊細なパール感が絶妙。トーン タッチ アイズ 14 3,700円+税/SUQQU

08
茶でアイラインを目尻にだけ引く


まぶたのキワの延長線になるよう、目尻外側に数ミリはみ出してのラインを引きます。茶色のクリームペンシルを使うと強さが。


デジャヴュ 密着アイライナー ラスティングファイン クリームペンシル ダークブラウン 1,200円+税/イミュ

09
シャープなラインは黒のリキッドで


08で引いたラインの上に、黒のリキッドアイライナーでもう一度ラインを引きます。08のラインが影のようになり深みのある目元に。


メイベリン ハイパーシャープライナー R BK-1 1,200円+税/メイベリン ニューヨーク

元記事で読む