1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 夏全開の青春胸キュンテレビ映画『ティーン・ビーチ2』日本初放送! 主演女優マイア・ミッチェルの来日も決定!

夏全開の青春胸キュンテレビ映画『ティーン・ビーチ2』日本初放送! 主演女優マイア・ミッチェルの来日も決定!

  • 2015.6.6
  • 1797 views

2013年に放送された『ティーン・ビーチ・ムービー』の続編となる『ティーン・ビーチ2』が7月25日(土)にディズニー・チャンネルで日本独占初放送されることがわかった。さらに、得意の歌とダンス、そしてキュートなルックスで注目を集める、主演のマイア・ミッチェルの来日も決定。メディア取材のほかに、ファンイベントにも登壇が予定されている。

undefined

【関連記事】『オースティン&アリー』ロス・リンチ&R5が来日! ロングインタビュー

本作は、60年代のビーチ・ミュージカル映画の世界と現代が交差し、そこで芽生える友情や様々なハプニングを描いたミュージカルテレビ映画。前作では、主人公のブレイディ(ロス・リンチ)とマッケンジー(マイア・ミッチェル)が、現実の世界から60年代のビーチ・ミュージカル映画の世界へタイムスリップしたが、本作は、現実世界に戻り、新学期を迎えた二人の前に、突如、映画の世界で出会ったタナーとレイラが現れる。古い考えに縛られた世界しか知らなかったタナーとレイラは、現代の自由な生活に喜びを感じ、退屈な映画の世界には返りたくないと考えるようになっていく。再会を喜びつつも、二つの世界が決して交わらないことを知っているブレイディとマッケンジーは、二人を元の世界へ戻そうとするのだった。

本作の魅力は、青い海が広がる町を舞台に、サーフスタイルを着こなしたきゃストたちがビーチで繰り広げるといった、夏全開のその世界観。明るく爽快で、歌やダンスも満載の本作は、夏気分を一気に盛り上げてくれる。また、現代と60年代の世界のギャップも面白い。レトロ映画スターが「どうして、ここで歌っちゃいけないの!?」と素朴な疑問をぶつけてくるシーンなどは、そのあまりのギャップに思わず笑ってしまう。

さらに、主人公ブレイディを演じるロス・リンチは、今や全米ティーンに爆発的な人気を誇る大人気スターのひとり。「R5(アール・ファイブ)」というバンドでリズム・ギターとボーカルも担当しており、2013年の初来日時には、空港に約300人を超えるファンが集結したほどの人気を誇っている。

そして、来日が決定したマイアも、本作の主演をきっかけに、注目の存在となった。現在は、ジェニファー・ロペスが製作総指揮を務める全米ドラマ「フォスター家の事情」に出演中で、今後、さらに躍進するだろう女優だ。それだけに、今回の来日も話題となること間違いなし。本作と合わせて、マイアの動向にも注視してもらいたい。

テレビ映画『ティーン・ビーチ2』は7月25日(土)19:30からディズニー・チャンネルで日本独占初放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ティーン・ビーチ2』
(C)Disney

元記事を読む