1. トップ
  2. 有村架純「忙しかったんだよね」自虐気味の菅田将暉を優しくフォロー

有村架純「忙しかったんだよね」自虐気味の菅田将暉を優しくフォロー

  • 2021.1.26
  • 701 views

映画「花束みたいな恋をした」公開直前イベントが1月26日、都内で開催され、W主演を務める菅田将暉と有村架純、土井裕泰監督が登壇した。

【写真を見る】笑顔で5年前の印象トークなどをする菅田将暉と有村架純

同作は、「東京ラブストーリー」(1991年、フジテレビ系)、「最高の離婚」(2013年、フジテレビ系)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016年、フジテレビ系)、「カルテット」(2017年、TBS系)など、多くの連続ドラマを手掛けてきた坂元裕二が脚本を担当。2020年の東京を舞台に、井の頭線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った麦(菅田)と絹(有村)の5年間の物語を描く。

今回、観客を前にした初めてのイベントになるが、菅田は「ありがとうございます。いい日にしたいですね。短い時間ですけど、この日を楽しんでいきたい」と感慨深い様子であいさつ。有村は「大変な日々が続いていますが、わざわざ劇場にお越しくださってありがとうございます」と感謝し、「ほんの少しの時間ですが、楽しんでいただけたら」と爽やかな笑みで呼び掛けた。

坂元が初めて映画オリジナルのラブストーリーを手掛けたことも話題になっている同作。「他の作品とは異なる役へのアプローチがあったか?」と聞かれた菅田は、「今回みたいなラブストーリーは初めてに近かったので、ドキドキする瞬間の表情とかは土井さんに演出してもらって『あ、なるほど』って感じでやって。それは新鮮でした」と回顧。

撮影は、劇中のシーン順に行われたそうで「そのおかげで、計算せず、素直に2人の楽しいことや悲しいことがある日常を経験している感じで撮影ができました」と笑顔で振り返った。

また、土井監督は演出面でのこだわりを問われ「何も大きなことが起きない話。いい意味で2人がそこらにいる子たちにちゃんと見えるようにしていました」と言い、「ブロックで順番に撮ったことで、麦と絹と同じく撮影してる僕たちも一緒に時間を過ごしてきてるので、ストーリーが進むにつれ、彼らと同じ感情が芽生えてくるのがすごく面白かったですね」と当時の心境を打ち明けた。

劇中では麦と絹の5年間が描かれるが、「直近の5年間で変化したことは?」という質問も。菅田は、「風呂上がりにちゃんと髪を乾かすようになりました。家にドライヤーもなかったし、乾かすという行為に意味を感じなかったんです。髪は洗いざらしでした」と意外なエピソードを告白。

有村は、「コップとかお皿とかが、作家さんが作ったものだったり、小さいアイテムが増えてきました」と言い、「こうやって好みが変わっていくんだなと思います」としみじみと明かした。

菅田と有村が以前、共演した映画「何者」も5年前の公開。当時から変わったお互いの印象を聞かれると、菅田は「当時はほとんどしゃべったことがなかったんです。だから変わったのかは分からないけど、印象としてはよくしゃべる人なんだなと今回知りました」と有村の印象を口にし、また今回の共演を通して「好奇心が旺盛で、自分が知らないものや初めて見るものへの抵抗感がなく、飛び込んでいける人」だと思ったとも。

一方、有村は5年前の菅田について「全然しゃべらなくて。しゃべりかけづらいわけではなかったんですけど、壁がないというか…。壁あるのかな?」と考え込むと、菅田がすかさず「当時が(自身に)話し掛けづらかったんだろうね」と言い、有村は爆笑。

続けて、菅田が「その時期の評判悪いもん、俺。よく言われるから。眠そうで、ピリピリしてたんだと思う」と自虐すると、有村は「忙しかったんだよね」と優しい声でフォローしていた。

映画「花束みたいな恋をした」は、1月29日(金)より全国公開。

◆取材・文・撮影=TAKAMI

元記事で読む