1. トップ
  2. 恋愛
  3. 脱退から1年、平手友梨奈は何と闘ったのか? ジェンダーレスな彼女の行く先は…

脱退から1年、平手友梨奈は何と闘ったのか? ジェンダーレスな彼女の行く先は…

  • 2021.1.24
  • 16909 views

ひょうきんで悪ガキな飾らない平手の“素顔”

ジェンダーレスな平手が闘い続けてきたもの、そして彼女の行く先とは…/(C)日刊ゲンダイ
ジェンダーレスな平手が闘い続けてきたもの、そして彼女の行く先とは…/(C)日刊ゲンダイ

2020年1月23日、平手友梨奈(19)は欅坂46を脱退した。それから1年、今月22日に彼女がヒロイン役で出演する映画「さんかく窓の外側は夜」が公開された。また来月公開予定だった映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」はコロナで延期になってしまったが、こちらにもヒロイン役で出演している。

2つの映画のプロモーションで連日のように平手掲載の雑誌が発売され、TVのバラエティー番組では欅坂46時代の「あまり笑わない」というイメージを覆すようにひょうきんで悪ガキな飾らない素顔を見せている。

先月25日にはソロアーティストとして初の配信シングル「ダンスの理由」をリリース。既存ファンに加え、最近になって同曲で彼女を知ったという新規の国内外のファンも増え同曲MV再生回数は350万回を突破。海外ファンからの大反響を受けてか、英語字幕も用意された。

フル稼働の活躍を見せる姿を想像できたか

まさにフル稼働の活躍を見せる平手だが、1年前を思えば今のこの姿を想像できた人は少なかったのではないだろうか。

脱退間際の平手は心身共に満身創痍の状態にあった。18年以来、腰部・腕・手首の怪我を患っていた。過去には握手会での説教、襲撃事件やストーカー被害にも遭った。またデビューから4年半続いたセンターの重圧、ネット上の叩きに苦しめられた。精神が不安定な彼女に“絶望”や“孤独”を体現する楽曲が当て書きされ、彼女は自身から生み出されたものに飲み込まれ、さらに心を苛まれていった。

平手は大事なステージの前にはものが喉を通らないことや、夜に眠ることがままならず、朝までYouTubeを見て過ごすといったことを自身のラジオや雑誌等で話していた。

食事をうまくとれない、寝ることができない――。

彼女はサラッと話していたが、10代の女の子が抱える問題としてはあまりに深刻すぎる。

19年末の音楽特番ラッシュ時、出演したステージでは神がかったようなパフォーマンスをしていたが、本番前後はフラフラで1人で歩けず周囲に介助されていた。いかに極限状態にあったかを物語っている。

多くのファンが悲しみに暮れた“1.23事件”

欅坂46最後の紅白で何かに向かい、不敵な笑みを浮かべつつ全力パフォーマンスをやり切った平手(中央)/(C)日刊ゲンダイ
欅坂46最後の紅白で何かに向かい、不敵な笑みを浮かべつつ全力パフォーマンスをやり切った平手(中央)/(C)日刊ゲンダイ

そのようなギリギリな状態の中、19年末NHK紅白歌合戦を欅坂46最後のステージとして、前述の20年1月23日、脱退を発表した。同発表の前後に現在公開中の「さんかく窓の外側は夜」の撮影に参加。コロナの影響で昨年内の公開が延期され、期せずして平手が欅坂46から脱退して1年後に同作は日の目を見ることになった。

突然の脱退発表に多くのファンが悲しみに暮れた20年の通称“1.23事件”から1年、21年の1月23日に平手は同作公開記念舞台挨拶に登壇するなど連日のメディア露出に加え、ファンを喜ばせている。

各媒体でのインタビューでは共演したW主演の岡田将生(31)と志尊淳(25)が平手を含め3人で兄妹のように親しくなったこと、彼らが平手に兄目線で「もっとご飯を食べたほうがいい」とアドバイスしていたことを笑顔で話していた。

身を粉にしても闘い続ける覚悟

初共演で兄弟のように親しくなり食事にも出かけていた3人(左から平手、岡田、志尊)/「さんかく窓の外側は夜」公式Twitter(2021年1月7日付)より
初共演で兄弟のように親しくなり食事にも出かけていた3人(左から平手、岡田、志尊)/「さんかく窓の外側は夜」公式Twitter(2021年1月7日付)より

平手は今も非常に細身だが1年前の撮影時よりいくらかは体重が戻ったようにも見える。少なくとも先の年末年始に3度の音楽特番にて、「ダンスの理由」で欅坂46時代以上のバキバキダンスを男性プロダンサー陣とピタリ息を揃え踊り切っており、単に痩せているというよりは“締まっている”ととることもできる。

同曲には平手がイチから制作に携わったという。作詞は欅坂46時代同様、秋元康氏だが平手の想いを忠実に反映したものだろう。

「何度だって踊るよ 倒れても構わない」

この“倒れる”は紅白で2度パフォーマンス後に過呼吸、もしくは全身脱力で倒れ揶揄されたことに対しての自嘲だろう(ただし平手は、ステージ上でカメラが回っている間は絶対に倒れず踏ん張った)。今後もパフォーマンス後に倒れることもあるかもしれないが、それでも孤独な人々に寄り添うために“身を粉にしても闘い続ける覚悟”を歌う。

「女の子っぽさは捨てて、男の子っぽく」

女優としての仕事の際には大人のお姉さんらしくめかしこまれることも多いが、同曲をソロアーティストとして披露する際には、欅坂46時代のようなボーイッシュな彼女に戻る。

最初に平手がメンズライクな外見になったのは、17年10月の5thシングル「風に吹かれても」の発売に先駆けてのことだった。“男の子っぽさ”を表現したかった平手はボブからショートに髪を切る際、「女の子っぽさは捨てて、男の子っぽくやってください。可愛さはいりません」と頼んだという(「STREET JACK」2017年12月号より)。

素の平手友梨奈はやはり女の子

まだ女の子アイドルしてた17年7月発売アルバムジャケットの平手(左)と
まだ女の子アイドルしてた17年7月発売アルバムジャケットの平手(左)と"男子武装"をしてるらしき18年3月発売シングルジャケットの平手(右)/「真っ白なものは汚したくなる」(TYPE-A)、「ガラスを割れ」(TYPE-A)

髪をバッサリ切った平手は、男の子に間違われるほど“男子然”となった。外見に合わせて自然と立ち振る舞いも男の子っぽくなり、私服もメンズを着るようになった。欅坂46メンバーとして最後となった17年12月の彼女のブログにも、「僕は自分に正直に生きたい。」と一人称を男の子のように記していた。

ただメンバーやスタッフからの彼女についてのエピソードを聞く限り、素の平手はやはり女の子だ。これはあくまで筆者の推測だが、平手は男の子らしく“男子武装”することで、彼女を傷つけてきたアンチや一部男性ファンから“女アイドル”として好奇の目で見られることを避けようとしたのではないか。

握手会での説教・襲撃事件、ストーカー行為。ネット上の罵詈雑言。14歳で1人上京した女の子にとっていかに恐怖だったことか。それを少しでも軽減し抗う手段が、“男子武装”して欅坂46の楽曲の主人公“僕”に完全に憑依すること、ただの女アイドルのくくりをストイックすぎるほど超越しようとすることだったのかもしれない。

ヒリヒリするような欅坂46の“僕”から変化

20年“1.23”よりソロになって女優業をこなす間は、“平手友梨奈”であることから解放され役に入り込む期間になった。数あるオファーから最初に平手が「さんかく窓の外側は夜」のヒウラエリカ役を選んだのは、彼女を応援したくなったからだという。「本当に怖いのは人間」がテーマのひとつであるこの作品において、壮絶な4年半を経た平手がヒウラになりきれたのも必然だろう。その後、高校を卒業し19歳になり、少し女性らしく大人になった彼女は、あのヒリヒリするような欅坂46の“僕”から遠ざかったように見えた。それでもアーティストとして楽曲を披露する際には再びメンズライクな姿で登場した。

ただし、歌詞の1人称は「私」になっている。今の彼女からは“男子武装”というよりは、男女の垣根を超え、ジェンダーレスに力強く楽曲のメッセージを届けたいという思いが伝わってくる。

唯一無二の表現者として…

ダンサー陣と共にジェンダーレスに「ダンスの理由」を踊り笑顔を見せる平手(前列中央)/Amami Queen公式Twitter(2021年1月1日付)より
ダンサー陣と共にジェンダーレスに「ダンスの理由」を踊り笑顔を見せる平手(前列中央)/Amami Queen公式Twitter(2021年1月1日付)より

アーティストとしてより一層飛躍するであろう21年は、ぜひ自らの言葉で楽曲を届けて欲しい。「ダンスの理由」に作曲者の1人として名を連ねたクリエイティブな彼女に作詞ができない、とは思わない。

秋元系アイドルOGとしては元NMBの山本彩(27)がシンガーソングライターとして作詞作曲をこなしている。山本はギターで弾き語るスタイルだが、平手はぜひこのままジェンダーレスに踊り狂い続けて欲しい。

女優としてもさらに幅広い役のオファーが舞い込むだろう。性別にも年齢にもとらわれない「唯一無二の表現者・平手友梨奈」の進化は、とどまることを知らない。

(こじらぶ/ライター)

元記事で読む