1. トップ
  2. アール・デコの巨匠のグラスは必見、秋田県仙北市の大村美術館で「ルネ・ラリックのグラス」開催中

アール・デコの巨匠のグラスは必見、秋田県仙北市の大村美術館で「ルネ・ラリックのグラス」開催中

  • 2021.1.23
  • 593 views

秋田県仙北市の大村美術館で、アール・デコの巨匠と称えられるフランスの装飾芸術家ルネ・ラリックの作品を紹介する「ルネ・ラリックのグラス」が3月30日(火)まで開催中。

【写真】ルネ・ラリック作 グラスセット「ストラスブール」1926年

ルネ・ラリック作 グラスセット「コウベ」1933年 写真は主催者提供
ルネ・ラリック作 グラスセット「コウベ」1933年 写真は主催者提供

大村美術館は、ルネ・ラリックのガラス作品を専門に展示しているプライベート・ミュージアム。所蔵作品は、ルネ・ラリックのガラス作品とデザイン作品を中心に、娘のスザンヌ・ラリックが絵付けのデザインをしたリモージュの陶磁器、1925年にパリで開催されたアール・デコ博覧会の写真資料とカタログといった、20世紀前半のフランスのアール・デコ様式に特化している。

「ルネ・ラリックのグラス」では、ルネ・ラリックのガラス作品の中からワイングラス、デキャンタ、ゴブレットなどを中心に、ルネ・ラリック作品の定番である花瓶や女性像など、約100点が展示されている。

ルネ・ラリックがデザインしたグラス類は180種類以上あり、その多くは量産を想定したもの。特にワイングラスは、カップ部をシンプルな形状にし、脚部(ステム)に独特なデザインを施しているのが特徴だ。

【写真】ルネ・ラリック作 グラスセット「ストラスブール」1926年 写真は主催者提供
【写真】ルネ・ラリック作 グラスセット「ストラスブール」1926年 写真は主催者提供

アール・デコ特有のユニークなデザインのグラスを観賞できる「ルネ・ラリックのグラス」に足を運んでみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来館者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む