1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 何をしてもダメ……「運気が下がっている時」にやるといいこと・いけないこと

何をしてもダメ……「運気が下がっている時」にやるといいこと・いけないこと

  • 2021.1.23
  • 26696 views

誰しも経験があると思いますが、頑張ろうと思っていても、頑張っていても、何をやってもダメな時ってありますよね。そんな時は、無理しなくても大丈夫です。これは「今はジタバタせずに、ゆっくり休みなさい」という、メッセージと思ってもよいかもしれません。
今回の記事では、運気が下がっている時にやっていいこと・いけないことをご紹介します。

音楽や本でリフレッシュ

何をやってもうまくいかな時は、運気が下がっている証拠です。この時期を乗り越えれば、必ずまた良い運気が巡って来るのでゆっくり過ごしましょう。好きな音楽を聴いたり、本を読んだりアロマディフューザーでリラックスできる香りを楽しんでみるなど、のんびりと過ごしましょう。
アロマのオススメは、心が落ち着くラベンダーや森林の香りです。バスタイムに入浴剤やバスソルトで使うのも良いですね。特に、バスソルトは風水的にも体の毒素や悪い運気を流す効果が期待できます。
運気が悪くなったら、ヒノキやラベンダーの香りのバスソルトを使うと、リラックスと同時に悪い運気を浄化できるのでオススメです。音楽も強い音や激しいリズムよりも、オルゴールのような心を落ち着ける音楽だとよいでしょう。
落ち込んでいるときやうまくいかない時に、「そんなハズはない!」と状況を認めないのはNGです。運気が悪いことや落ち込んでいる今の状況を冷静に受け止め、なぜ自分は今うまくいかないのかを分析しましょう。現状を受け止めれば、また運気は動き出します。

運気が下がったときにやってはいけないこと

運気が下がっている時は、無理して頑張ってはいけません。運命に逆らおうとすると、人は無理をして毎日頑張ろうとします。知らず知らずのうちに体を壊しやすいのでNGです。
うまくいかない時に無理を続けたら、体にガタが来てしまいます。特に睡眠をおろそかにするのはよくないことです。人間に寝る時間があるのは、睡眠して体を休める時間が必要だからあるのです。
動画やSNSも気晴らしにはよいのですが、スマホやパソコンの画面を長時間見ていると、寝つきが悪くなることもありますからほどほどにしましょう。
何をやっても上手くいかない時は、今は休む時だと受け止めて休みましょう。運気が上がってくると、おのずとアイデアが湧いたり、違った角度から物事を見れるようになったり、自然と状況が好転するので大丈夫です。休む時には、ゆっくり休みましょう。

旅をするなら心を癒やす旅を

運気が悪い時は、気分転換に旅をしてもトラブルに巻き込まれやすいので、家でじっと過ごす方がよいでしょう。それでも、何もかもうまくいかない時に旅にでたいという人は多いです。
実際に、筆者も婚活で行き詰ったときに一人旅に出かけてリフレッシュしたことがあります。旅をするなら、吉方位を調べたり旅の安全に効果のある天然石のターコイズや水晶、お塩を持って行きましょう。
運気が悪い時は神社に行くと悪い運を吸収しやすいので、できればキレイな景色ができて簡単に回れる日本国内のスポットがオススメです。

まとめ

運気が悪い時は、頑張るのではなく癒やしや自分を見つめなおすことにフォーカスしてみましょう。
おいしいものを食べてもいいし、好きな音楽や本を読んで自分を見つめなおすのに最適な時間です。悪い時期をうまく過ごすことで、良い運気が来た時にベストがつくせるようになります。
運気が落ちている時は、家の掃除もオススメです。塩をふくんだ水の入ったバケツで雑巾を固く絞って、玄関のたたきなどを掃除すると悪い運気ごと掃除できます。バスタイムも悪運をリセット出来る時間なので、バスソルトを使って悪運ごと体から流してしまいましょう。
ネイルやお財布、服などファッションに浄化を意味するホワイトを取り入れるのも、運気が下がっている時にオススメです。
(みくまゆたん/ライター)


The post first appeared on .

元記事で読む