1. トップ
  2. ダイエット
  3. 夏までに痩せたい! リバウンドを防ぐ正しいダイエットのコツ3つ

夏までに痩せたい! リバウンドを防ぐ正しいダイエットのコツ3つ

  • 2015.6.5
  • 4491 views

【相談者:20代女性】

夏に向けてダイエットしたいけれど、リバウンドは避けたいです。リバウンドを防ぐために、ダイエット中に気をつけるべきことはありますか?

●A. 今年の夏はメリハリボディで魅せましょう♪

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

暑い日も増え、昼間は半袖で過ごすことも多くなったのではないでしょうか。そうなってくると気になるのが、露出部分のプニプニお肉……。夏に向けてキュッと引き締めていきたいですよね!

リバウンドを繰り返すと、太りやすい体質を育ててしまいますので要注意! リバウンドを防いでメリハリボディを維持するためのコツは、“続ける(頑張りすぎない)”“栄養チャージを怠らない”“運動を取り入れる”の3つです。やってみたい(=続けやすい)方法をチョイスして、リバウンドをしない工夫を取り入れてくださいね。

『株式会社Ryo-MA』が全国の20歳~59歳の男女に、「夏に向けてどのようなダイエットを行う予定?」と訪ねた調査結果によると、第1位は「食事制限をする」(61.8%)、第2位は「ランニングや筋トレなどの運動」(45.5%)、第3位は「カロリー管理をする」(44.3%)でした。

これらのダイエットは、「やりたい♪」と思いやすい、実行しやすいものではないでしょうか。そこで、3つの人気のダイエット法について、それぞれリバウンドを防ぐコツをご紹介します。

●(1)食事制限をするなら……

食事制限で気をつけたいポイントは、“糖質をカットし過ぎない”ことと、“カロリーばかりにとらわれない”こと。ダイエットを決意すると、ついつい炭水化物(糖質)をカットしてしまいがちですが、糖質は大切なエネルギー源。枯渇すれば体内のはたらきも減退してしまいます。

慢性的に糖質不足に陥ると、代謝を弱めて太りやすい体質を育てることに……! 間食などの不要な部分はカットしても、必要な糖質はしっかりチャージするべきです。

また、メリハリのあるボディラインをつくる筋肉の材料は、たんぱく質。脂質の少ない肉類や魚類、大豆製品を積極的にチャージしましょう。もちろん、野菜やくだものでビタミンやミネラル(体内のはたらきを活性化してくれます)を補給することもお忘れなく。

●(2)ランニングや筋トレをするなら……

リバウンド回避のコツは、“運動を取り入れる”こと。食事制限だけでやせようとすると、代謝が弱まり太りやすくなってしまいますし、せっかくやせても、食生活を元に戻せばリバウンド必至。運動で体脂肪を燃やし、筋力をUPさせることで代謝を上げ、やせやすい体質を育てましょう。

運動も続けなければ意味がありませんから、「楽しい!」「今日もやりたい♪」とウキウキできるものをチョイスするのが成功のコツ。自分がときめく運動を取り入れてくださいね。

●(3)カロリー管理をするなら……

これまで必要以上に食べ過ぎていたのなら、カロリーコントロールも欠かせません。ただし、リバウンドを防ぐためには、“ストイックになり過ぎない”ことが大切。

ちょっと食べ過ぎてしまったからといって自分を責めたり、我慢の毎日にイライラしたりしていては、ストレスがたまって、食欲が爆発してしまいます(これが1番リバウンドの危険性大!)。カロリー管理をするのなら、“週に1度は自由に食べる”などのルールを決めて、厳しく管理しすぎないことをおすすめします。

●毎日楽しく過ごしてメリハリボディを育てよう

今の体は、これまでの生活習慣がつくってきたもの。同様に、ダイエットも生活習慣。生き方(食べ方や運動の仕方)を変えることで、今までとは違った自分になるのが成功のコツです。

やせやすい生活が当たり前になると、自然と体もスマートに変わっていきます。栄養チャージとメリハリをつくる運動をしっかりと取り入れて、楽しく毎日を過ごすことで、魅惑のボディを育ててください。今年の夏が楽しみですね♪

【参考リンク】

・【夏に向けたダイエットに関する意識調査】 | 株式会社Ryo-MA

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

心を置き去りにした苦しいダイエットで生理がストップした、ダイエット失敗経験者。得意分野の心理学を活かし、心理カウンセラーやダイエットアドバイザーの資格を取得。自身がコーチになってなりたい自分を実現するセルフトレーニングを考案し、日々実践しながら研究に励む。現在、塾講師の傍らダイエットや健康、心理学の分野でフリーライターとして活躍中。読んでほっこり、ぷるっと潤う美人の育て方をご紹介します。毎日がドキドキわくわくのあなた史上最高のあなたになりますように。

元記事を読む