1. トップ
  2. ダイエット
  3. 世界の美女も実践! エリカ・アンギャルさんの“最新栄養学”

世界の美女も実践! エリカ・アンギャルさんの“最新栄養学”

  • 2015.6.5
  • 1337 views

「日本人女性は美意識のレベルの高さは世界一。だけど、体の内側をもっとケアしてほしい」
そう話すのは、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントを8年間勤めたエリカ・アンギャルさん。
知花くららさん、森理世さんら、世界一の美女を目指す女性に美しくなる食生活を指南してきたエリカさんは、日本在住19年目。栄養学、薬理学など幅広い専門知識をもとに、女性の心や体を輝かせる食とライフスタイルを発信しています。

今回は、エリカさんに女性の美しさを引き出す“最新栄養学”と食生活のポイントを伺いました。

美と健康に欠かせない! 微生物「マイクロバイオーム」を増やす食物繊維

エリカ・アンギャルさん

エリカさんに最新栄養学について尋ねると、「マイクロバイオーム」という聞き慣れないキーワードが飛び出しました。
「マイクロバイオームは私たちの胃腸や皮膚など全身に存在している微生物。乳酸菌やビフィズス菌などもこの一種です。今、研究が盛んに行われていて、米国の経済誌『Fortune』では、2015年はマイクロバイオームの年になるとも言われています」
人体には500種類以上のマイクロバイオームが存在し、これが体を健康に保つためには欠かせないそうです。「腸内のマイクロバイオームのバランスが崩れると、体重が増えてしまったり、アレルギー、ニキビ、またうつになりやすくなってしまうこともあるのですよ」とエリカさんは話します。
では、マイクロバイオームを増やしたり活性化させるにはどうしたらいいのでしょうか?
「効果的なのは食物繊維をしっかり摂ることです。それだけ? と思われるかもしれませんが、食物繊維は腸内に存在するマイクロバイオームの栄養源。最近の研究では、食物繊維を食べるマイクロバイオームが体重減少と関係していることも証明され始めています。そして食物繊維は毎日摂取しないと十分な効果は得られないと考えられています」
ダイエットを成功させたり健康的な腸内環境を維持するには、日常的に食物繊維の摂ることが欠かせないのですね。ところがエリカさんによると、日本人の食物繊維摂取量はアメリカ人よりも低いそう。
「理想的な摂取量の約半分しか摂れていません。食物繊維を毎日摂って、元気なマイクロバイオームを育てましょう」

体質に合った食生活が、本当の美しさをつくる

エリカさんは、日本人女性の美意識について「まだ『やせている=きれい』という考えが根強いようですが、この考えは大間違い」と指摘します。「栄養素のバランス・睡眠・適度な運動を取り入れたライフスタイルがあるからこそ、美と健康が育まれるのです」
特に女性に見直してもらいたいのが和食なのだそう。「発酵食品が豊富な日本の食文化は本当に素晴らしいと思います。最近はローフードやスーパーフードなどが次々とブームとなり、女性の食に関する関心の高さを感じます。でも、健康にいいからといって冷え性の人がグリーンスムージーばかり飲んでいては体を冷やしてしまいます。流行ばかり追わず、まずは自分の体質を知ることが大切なのです」
エリカさんは最後に「日本女性に足りないと思うのは自信です。自分自身の良さを知り、自信を持つことができれば、もっと輝けるはず」とエールを送ってくれました。
外側だけ磨くのではなく、食とライフスタイルをトータルで見直すことが本当の“美人”の条件。ぜひ実践してみましょう!

文/梅田 梓

元記事を読む