1. トップ
  2. R-指定『すべらない話』に招待枠で出演「あんなに緊張した表情を見せるのは初めてかも」

R-指定『すべらない話』に招待枠で出演「あんなに緊張した表情を見せるのは初めてかも」

  • 2021.1.22
  • 864 views

1月23日(土)に「人志松本のすべらない話」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)が放送される。36回目の今回は、松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、小籔千豊、飯尾和樹(ずん)、川島明(麒麟)、粗品(霜降り明星)、田中卓志(アンガールズ)、兵動大樹(矢野・兵動)、山内健司(かまいたち)が登場。田中は、2011年12月の21回大会以来の出演、飯尾は初出演となる。

【写真を見る】緊張した面持ちで登場するR-指定

また、番組初となる招待枠が設けられ、脚本家の三谷幸喜、ピアニストの清塚信也、ラッパーのR-指定ら3人の招待プレーヤーがサプライズで都度登場。話し終わるとさっそうと去っていくという新しい方式が採り入れられる。

R-指定は「大好きな番組なんですが、実は最初はお断りさせていただいたんです。芸人さんが好きだからこそ迷いました」と出演への葛藤を明かしつつ、トークへの参加について「緊張で喉は乾くし、話すリズムもめちゃくちゃ早くなってしまうし、ある程度は想像していたつもりでしたが、その想像以上でした」と振り返った。そして、「本当に恥ずかしいんですが、あんなに緊張した表情を見せるのは初めてかもしれません(笑)。一生懸命頑張って喋りましたので、温かい目で見ていただけたらと思います(笑)」と見どころを語った。

R-指定コメント全文

――オファーを聞いた際のお気持ちは?

大好きな番組なんですが、実は最初はお断りさせていただいたんです。この番組は、芸人さんたちの総合格闘技が行われる神聖な場所ですので、そんなところに素人の僕が出ていくなんて申し訳なさすぎて。芸人さんたちの聖域に土足で踏み込むようなことはしたくなかったんですが、改めてオファーをいただいたので、「それだけ言って下さるなら、玉砕覚悟で」と。

――出演に際しては、かなりの葛藤があったんですね?

この番組はもちろん、芸人さんが好きだからこそ迷いました。自分が視聴者だったら、芸人さんたちだけのバチバチのトークを聞いていたいですから。それに、出演される芸人さんたちも、自分みたいな素人が入っていったら冷めてしまうんじゃないかなという思いもあって、本当に悩みました。

――収録を終えた感想は?

すごく緊張しました。目の前に、松本人志さんはじめ、一流の芸人さんたちがずらりと並ばれていて、「どんな場所に放りこまれたんだ」と(笑)。本当に緊張していて顔も引きつっていたので、自分の出番まで他の方々のトークは楽しめないかなと思っていましたが、それでも笑ってしまうくらい皆さんのトークが面白かったです(笑)。改めて、すごいなと感じました。

――“いよいよ出番”となった際の心境は?

覚悟はしていましたが、「ほんまにいくの?」と(笑)。二つほど話を用意していたので、ギリギリまでどっちの話がいいか悩んでいました。実際に、あの場所に座ったら、あんなに喉が乾く場所はないなと(笑)。緊張で喉は乾くし、話すリズムもめちゃくちゃ早くなってしまうし、ある程度は想像していたつもりでしたが、その想像以上でした。喋っている最中は本当に緊張しましたが、終わってみると楽しかったですし、用意していたもう一つの話も喋りたいという気持ちになりました。

――出演を楽しみにされている方々へメッセージを。

自分の中では、とんでもない度胸試しのつもりで出演させていただきました。今、振り返ってみると本当に恥ずかしいんですが、あんなに緊張した表情を見せるのは初めてかもしれません(笑)。一生懸命頑張って喋りましたので、温かい目で見ていただけたらと思います(笑)。

元記事で読む