1. トップ
  2. ファッション
  3. 新次元の近未来SFアクション映画『ダイバージェントNEO』日本公開日が決定!

新次元の近未来SFアクション映画『ダイバージェントNEO』日本公開日が決定!

  • 2015.6.5
  • 657 views

ベロニカ・ロス原作の世界的ベストセラー「ダイバージェント」シリーズの映画化第2弾『ダイバージェントNEO』の日本公開が10月16日(金)に決定し、ポスタービジュアルも同時に公開された。

undefined

【関連記事】『ゼロの未来』テリー・ギリアム監督インタビュー「全ての意味は何なのか?生きているという意味は何なのか?」

全人類を性格で振り分け、「勇敢」、「無欲」、「高潔」、「平和」、「博学」という5つの共同体で管理される世界。その世界で危険視される【異端者=ダイバージェント】であることが分かり、命を狙われた主人公のトリスは、仲間のフォーと共に宿敵である「博学」の権力者・ジェニーンの手から逃れようとしていた...。

2週連続1位を狙うディズニー映画『シンデレラ』を抜き、全米初登場第1位の大ヒットスタートを記録した本作は、前作『ダイバージェント』のヒットを受け、製作費が、前作の8500万ドルから1億2000万ドルに大幅アップ。製作のサミット・エンタテインメント=ライオンズ・ゲート社は、『ハンガー・ゲーム』シリーズも手掛けており、『トワイライト』シリーズや『ハンガー・ゲーム』シリーズの制作で大きな役割を担ったライオンズゲートグループの共同社長エリック・フェイグも、「心を惹き付けるプロットや豪華なキャスト、そしてたくさんの愛情と、激しいスタントや視覚効果を結び付け、非常に満足できるユニークな映画体験だ」と本作の完成度に自信を覗かせている。

トリスを演じるシャイリーン・ウッドリーは、ジョージ・クルーニーと共演した『ファミリー・ツリー』で数々の賞を受賞。さらに前作『ダイバージェント』や、『きっと、星のせいじゃない。』の大ヒットで、今や世界的に注目を集める若手女優の一人だ。また、恋人のフォーを演じるのは映画『アンダーワールド』シリーズ最新作の主演が決定している英国イケメン俳優テオ・ジェームズ。敵となるジェニーン役にオスカー女優のケイト・ウィンスレット、さらに『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のオスカー女優オクタヴィア・スペンサー、『セッション』のスマッシュヒットが記憶に新しいマイルズ・テラー、そしてナオミ・ワッツが物語の鍵を握る人物として登場するなど、映像のみでなく、キャストもかなりグレードアップしている。

映画『ダイバージェントNEO』は、10月16日(金)全国ロードショー(海外ドラマNAVI)

Photo:映画『ダイバージェントNEO』
(C)TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

オリジナルサイトで読む