1. トップ
  2. スキンケア
  3. 美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんが語る|ランコムの化粧水とアルビオンの乳液…つくり手の情熱、技術と本気

美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんが語る|ランコムの化粧水とアルビオンの乳液…つくり手の情熱、技術と本気

  • 2021.1.22
  • 2901 views

今、新たに見えてきた美容のあり方やコスメ選びとは?『Precious』2月号では、「頂点を見せてくれる「超一流」コスメ」企画を展開中です。

大人の肌は、コスメの力量で、見た目年齢が変わってしまいます。コスメ選びの際に目を向けてほしいのは、つくり手の情熱、技術と本気が、私たちの心と肌にまっすぐに届く一流を超えた「超一流」コスメであること。

「超高額=超一流」ではなく、最先端の技術を投入するだけでもない、人を本気で美しくしようという使命感をもつ、愛の深い化粧品。こうした逸品こそが、確実に結果をもたらし、目に見える形で美しさを育み、不安な時代を乗り切る自信と勇気を授けてくれるのです。

そこで、本企画では美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんが「超一流」コスメにおける11の提言を、おすすめアイテムとともに解説します。

今回は、提言5「完全無欠、魅惑の化粧品力は、人に恋をさせる」について、ランコムの「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」提言6「肌つくり、永遠の本質に戻る」について、アルビオンの「エクシア ラディアンスリニュー リッチミルク」と併せてご紹介します。

齋藤 薫さん
美容ジャーナリスト
(さいとう かおる)美容ジャーナリスト。数々の女性誌で連載エッセイを執筆し、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーとしても活躍。『大人の女よ!もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)など著書多数。

【提言5】完全無欠、魅惑の化粧品力は、人に恋をさせる|ランコム「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」

【提言6】肌つくり、永遠の本質に戻る|アルビオン「エクシア ラディアンスリニュー リッチミルク」

化粧水_1,乳液_1
1:30年の酵素研究から生まれた、澄んだ肌に整える化粧水|表皮に存在する酵素が肌の透明感を左右することに着目。表皮再生、メラニン排出、保湿、メラニンケアに働き、肌の明るさが増す。みずみずしいエッセンスと美容オイルの2層式でシェイクしてから使用。ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150ml ¥11,000
■1:もう、使いたくて使いたくて、使うたびに好きになる不思議。ランコム「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」

「化粧水、2020年の各誌ベスコスを総なめする歴史的No.1コスメとなった。満場一致とも言える揺るがぬ支持を集めて。

ズバリ、すべてを叶えてくれた完璧な名品だったからである。理論、処方、成分、感触、効果、使ってすぐの肌変化、そして見た目……すべての項目で星5つという。ここまでの完成度は、稀である。

しかしただ完璧なだけでなく、化粧品としての魅力に溢れていた。わずか3%だけ油分を加えた新たな黄金比は振るたびににシュワシュワと泡立って期待感を煽り、肌が艶めく仕上がりは毎回期待を裏切らない。

だから使いたくて使いたくて。いわば「人に恋をさせる」化粧品なのだ。そんな化粧品があっただろうか。コスメの新しい可能性を引き出した傑作は、たった11,000円の最上級!」

■2:即効性を超えた肌変化は、まるでファンデの如き仕上がり。アルビオン「エクシア ラディアンスリニュー リッチミルク」

「成分は? 理論は? 新技術は? そうしたスペックに囚われすぎて、逆におざなりになるのが目に見える変化。私たちが望むのは、使った瞬間見違えるシンデレラの魔法なのに。

でもその不可能に挑戦したブランドがある。乳液が先。洗顔後すぐ、化粧水の前に乳液を使う独自のお手入れ法で、その場で肌を膨らませ、キメも毛穴も見えない透明感ある肌へと見違えさせる技を編み出し、創業以来そのスタイルに強くこだわり続けてきたアルビオンである。

試した人なら分かるだろう。本当にキメが膨らみ肌色が明るく透き通る。まるでファンデーションのよう、上質美肌がその場でできあがるのだ。

即効性と言う言葉を超えた即効性。それ以上の一流、それ以上の喜びは無いからこその超一流」(美容ジャーナリスト・齋藤 薫さん)

いかがでしたでしょうか? 次回は、提言7「時を超越し、美容医療に臆しない」について、ヘレナ ルビンスタインの「リプラスティ パワA+H.A. デュオ」と併せてご紹介します。お楽しみに!

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

  • ランコム TEL:0120-483-666
  • アルビオン TEL:0120-114-225
元記事で読む